4Dミートを含んだキャットフードは腎不全の原因になる

キャットフード

4Dミートの4Dは、下記の4つの頭文字のDです。

Dead=死亡した

Diseased=病気がある

Dying=瀕死

Disabled=障害を持つ

4Dミートは、このような状態の動物を使った肉です。

しかしキャットフードの袋に「4Dミート」とは書けませんから、ミートミール・肉副産物・家禽ミールなどと表示されます。

当然ですがこのような低品質の肉が使われたキャットフードは猫の体内に毒素を送り込みますから、体内を綺麗に掃除してくれる腎臓に大きな負担がかかって腎不全の原因になります。

 

4Dミートとはどんな肉?

4Dミートは、アメリカ農務省が定めた肉のランクを表す「USDAミートの格付け」の表が由来です。

グレードグレード名詳細
1Prime最もジューシーな肉。霜降りやテンダーカット。
2Choice霜降りやテンダーカットだが、Primeよりは若干劣る。
3Grade A (スタンダード)ジューシーもでなくテンダーカットでも無いが、標準的なやわらかさ。一般的な食肉。
4commercialひき肉用。
5utilitityサンドイッチ、ホットドッグ用。
6cuttngs缶詰肉など最も低級な肉。人間が食べられる最低水準の肉。
7Other Use人間の食材として使用禁止。
8Grade D (4D Meat)Dead=死亡した Diseased=病気がある Dying=瀕死 Disabled=障害を持つ

グレート7とグレート8の肉は人間は食べられません。

写真は4Dミートが作られる時のレンダリング前の肉や骨です。

何の肉でどんな状態か全く分かりません。

最低のグレート8は「廃材扱いの肉」であり、それが4Dミートなのです。

 

4Dミートが使われている可能性があるキャットフードはどんなもの?

「ビーフミール、ミートミール、ポークミール、チキンエキス、チキンパウダー、肉副産物、家禽ミール、動物性油脂」

キャットフードの成分表示にこのような記載があるキャットフードは、4Dミートを使っている可能性があります。

メジャーなキャットフードの成分表示から、ミールや肉副産物、家禽ミールの使用状況を調べて表にまとめました。

○→不使用・安全 ×→使用・危険

モグニャンねこ元気カルカン銀のスプーンキャラットシーバ
酸化防止剤×
着色料×××××
ミール・パウダー(4Dミート)×××××
動物性油脂×××××
穀物×××××
ビートパルプ××

 

モグニャンモンプチキャネットアイムスサイエンスダイエットロイヤルカナン
酸化防止剤××
着色料××
ミール・パウダー(4Dミート)××××
動物性油脂××××
穀物×××××
ビートパルプ××

 

実際に以前に私が食べさせていたキャットフードの成分表示です。

ほぼすべてのキャットフードで、4Dミートが使用されている可能性があります。

 

AAFCOの定義でミールや肉副産物とは何か?

キャットフードの安全な基準であるAAFCO(アメリカ飼料検査官協会)によると、肉副産物やミールは以下のように定義されています。

「肉副産物(ミートミール)とは、殺された哺乳類動物から取り出される、汚染されていない部位だが精製されていない肉以外の部位。肺、膵臓、腎臓、脳、肝臓、血液、骨、部分的に脱脂された低温脂肪組織、内容物を取り除いた胃腸などを指す。」

要は食用の筋肉以外の部位を大まかに、肉副産物と呼んでいます。

【参考】

AAFCOの基準は猫の健康にベストなキャットフード選びの参考になるのか?
キャットフードを選んでいると、「AAFCO(アフコ)の基準を満たしています」と言った記載を見たことはありませんか? AAFCO(アフコ)とは、全米飼料検査官協会のことです。 AAFCOの基準とは、キャットフードの栄養基準のことで...

 

4Dミートの家禽ミールとは何か?

「家禽(かきん)」とは、食べるために育てられた鳥や鶏のことです。

問題なのは、家禽の後にミールやパウダーと付く場合です。

家禽ミールと表示されてる場合は、鳥の美味しく食べられる筋肉以外の骨や内臓やクズ肉をすりつぶしたものになります。

 

4Dミートとロイヤルカナン

有名で人気のロイヤルカナンに4Dミートが使われているか気になったので詳しく調べてみました。

成分表示を見てみます。

肉類(鶏、七面鳥)、米、小麦、とうもろこし、植物性分離タンパク*、動物性脂肪、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、小麦粉、植物性繊維、ビートパルプ、酵母および酵母エキス、大豆油、フラクトオリゴ糖、魚油、サイリウム、アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン、L-カルニチン)、ゼオライト、ミネラル類(Ca、Cl、Na、K、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、B2、パントテン酸カルシウム、B1、B6、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)*超高消化性タンパク(消化率90%以上)

肉類のところに「鶏」「七面鳥」とハッキリと何の肉か明確されているので、正体不明の肉を使っていません。

ただ「動物性脂肪」のところは、何の肉でどのような状態の脂肪を使っているか分かりません。

4Dミートを使っているとしたら、動物性脂肪の部分に可能性があります。

 

キャットフードの4Dミートの話は嘘?本当?

4Dミートの質の悪さや衝撃的な写真を見て、「猫の食べ物にこんな酷い材料を使っているの?嘘じゃないの?」と疑問を感じたかもしれません。

しかし、牛の肉を使っているなら「牛肉」、豚の肉を使っているなら「豚肉」、鳥なら「鶏肉」とハッキリ書けば良いはずです。

ですが、日本国産・外国産に関わらずほとんどのキャットフードの成分表示には、ミール・パウダー・肉副産物と書かれています。

なぜ肉の種類や状態をハッキリと書かないのでしょう?

正直に書けば肉の品質の悪さが明らかになり、キャットフードが売れないからです。

 

なぜキャットフードに4Dミートが使われるのか?

キャットフードの値段はバラバラで、2キロで500円とか800円のものから、1.5キロで4000円を超えるプレミアムフードまで色々あります。

ここで大事なのは、キャットフードの値段は品質に比例することです。

キャットフードの材料で一番高いのが、タンパク質になる「肉」です。

ですからキャットフードの値段を安くするためには、肉をいかに安く調達するかにかかっています。

よって、2キロ500円とか800円などの極端に安いキャットフードは、4Dミートが使われていると考えるべきです。

日本には、キャットフードを審査する機関も審査する基準もありません。

日本では、どんな肉を使っているか表示する義務もありません。

愛猫が元気で長生きするためのキャットフードは、飼い主さんが成分表示と値段を見て、安全かどうか自分で判断するしかないのです。

 

4Dミートが不使用で腎不全を予防出来るキャットフードとは?

4Dミートを使っているか使っていないかを判断するには、成分表示に以下の表示の有無を確認しましょう。

「ビーフミール、ミートミール、ポークミール、チキンエキス、チキンパウダー、肉副産物、家禽ミール」

他にも「フィッシュエキス」とか「フィッシュパウダー」など、正体の良くわからないカタカナや英語で表現されているものが含まれているかどうか確認します。

マグロを使っているなら「マグロ」と書けば良いのですから。

さらに4Dミートを使っているキャットフードは肉の品質が悪く早く腐ってしまうため、強い化学物質で保存します。

4Dミートが使われているなら、必ず同時に強い化学物質も使われています。

逆に4Dミートを一切含まないキャットフードを選べば、あなたの猫は腎不全を予防出来て元気で長生きしてくれます。

私の猫は今17歳ですが、確実に4Dミートが含まれていないキャットフードに切り替えたことで、とても元気に長生きしてくれてます。

私は猫の病気予防と長生きのために、キャットフードを変えました。

2017年3月から今日まで約1年間、新しく切り替えたキャットフードを食べる猫の様子を詳しくレビューしています。

体によい食べ物は、健康で長生きに欠かせません。

もし猫が健康で長生きできるキャットフードを探しているなら、レビューを参考にしてキャットフードの切り替えを検討してください。

食事に気をつけて、猫と幸せな時間を過ごしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました