12歳の猫が下痢になったのは有名な餌だから?キャットフードを変えてたら…?

猫の健康

私はwebクリエイターをしている33歳の男性です。

うちで猫を飼っていまして。

猫はアメリカンショートヘアで12歳です。

頻繁に下痢する猫でした。

 

餌を変えると12歳の猫が下痢気味になった

家のねこが下痢になった原因は多分餌だと思います。

下痢の症状は軟便から始まり水便に変わりました。

というのも、餌を新しいキャットフードに替えてから猫が下痢になり、あわてて病院に連れて行きました。

病院についてから猫に点滴を入れたりして治療が始まりました。

最初は原因が分からなくて、とりあえず様子見だったのですが…。

獣医師さんから言われたのが、餌を新しく変えてからおかしくなったのなら、その餌は使わないように言われました。

そこで、私は獣医師さんの言われたとおり、に餌を前の餌に戻してみると、下痢は治まりました。

後から調べてで知ったことなのですが、どうやらキャットフードの中には、粗悪品なのに添加物が入っていないと謳っているものがあるようでした。

下痢の原因になったキャットフードには、添加物が入っている可能性がある商品であることが、あとで分かったのです。

何故、このキャットフードを選んだかというと…。

ネットでの評判が当時良くて、猫の体に良さそうと思ったからです。

 

手作りの猫餌に挑戦!

餌でこれだけ猫の体調が変化してしまうのなら、いっそのこと自分で猫の餌を作ったほうが安心だ!と思いました。

今では出来るだけ自分で猫に食べさせる餌を作ってあげています。

家のアメリカンショートヘアの猫は、とにかく魚は食べるが牛肉は食べない猫なのです。

ですから、しゃけを使って身を細かく刻んで火を通したのを上げています。

今では体調が良いときは、ネットで見つけたプレミアムキャットフードを与えて、体調が優れないときは、自分で作った餌を与えています。

 

12歳の猫が下痢になってわかったこと

私が、愛猫の下痢のことで勉強になったこと。

それは、

・お店の目立つ場所で大量に販売されている

・ネットで高く評価されている

こんな場合でも、必ずしも本当にいいものとは限らず、作られた評価があることです。

そしてもう1つ。

猫の健康を本当に考えるなら、自分で餌を作って与えてあげるべきだと言うことです。

それと、猫はどんな物を食べて、どんな物を消化できないかを調べることで、自分で猫の餌を作るときにおおいに参考にできました。

これは貴重な経験が出来て、よかったと思います。

自分で調べて分かったこと。それは

猫が下痢をする理由の大半は、餌が合わないことだということ。

吐き出したり下痢をしたりするのは、餌が合わないのが理由であることがほとんどです。

ですから、まず餌を変えてみる事をお勧めします。

いろいろ調べる中で、猫に関する書籍やブログが多いことが分かり、みんな猫の健康に気をつけてあげているんだなと思いました。

 

下痢対策のために猫に手作りご飯を作ってあげるなら

もし、猫の餌をこれから手作りする人がいるなら、アドバイスがあります。

猫は小麦やご飯など穀物の消化が苦手です。

あまり与えすぎると消化不良になることがあり下痢になります。

また、普段食べている猫の餌の主成分が牛肉であれば、いきなり魚で餌を手作りしてあげても猫はまず、食べないと思います。

理由は、今まで食べていた肉からいきなり魚を食べなさいと言われても、混乱して食べないからです。

猫の好みに合っていないから、絶対に食べないのだと私は考えました。

逆に猫の好みを知っていて、普段食べている餌に入っている成分を知っているなら、そこから手作りの餌を作っていくことが出来ます。

手作りの餌で肝心なのは、魚や牛肉は火を使い過熱するか、鶏肉なら蒸し焼きにするかボイルすることが良いと思います。

生で餌を作ると、最悪の場合は寄生虫に感染して下痢になってしまうためです。

でも、普通に家で猫を飼っていて運動させているなら、猫はあまり消化不良になりにくいはずです。

家の猫がそうなのです。

結構運動させているためか、以前のキャットフードから違う餌にを変えてあげると、すぐに下痢は治まり元気になりました。

もし、家で飼っている猫が下痢で困っている人がいるなら、まずはキャットフードなど餌の種類を変えてあげてください。

劇的に下痢しなくなるのは、結構ありえますので。

追記

18歳の高齢猫さんが毎日食べている、まったく下痢をしなくなったキャットフードを1年にわたってレビューしています。

12歳の猫さんなら、キャットフードの切り替えで下痢がよくなることは多いです。

ご飯を変えるときの候補にどうぞ。

コメント