14歳の猫が下痢になって分かった、高齢猫の食事で気をつけること

猫の健康

私の14歳の愛猫が下痢に来るんだことをシェアします。

私は60代に突入するパートタイマー。

なのでそれほどの収入はありません、

それでも猫との暮らしは励みとなっております。

飼い猫は近くの公園で、まだまだ小さく一匹で途方に暮れてたところを連れて帰りました。現在14歳。

猫の14歳は人間の70歳と同じくらいです。

私と同じく高齢者です。

 

14歳の猫にご褒美の猫缶やウェットをあげたら…?

普段から猫のご飯に関しては気を使いつつ、食べたい物をできるだけ食べさせてあげるという工夫をしていました。

しかし、何故か下痢になってしまった。

やはり年齢のためなのでしょうか?

ただ可能性として考えられる原因としては、黒缶を食べさせたからなのかもしれないとその時は思いました。

普段はドライフードを中心に、たまにパウチーを食べさせる程度にしていました。

そのときは黒缶もたまには食べさせてみてもいいかもしれないと思い買ってみたんです。

飼い猫の様子は食いつきがよくて凄く満足してるのを見て、レパートリーに入れてもいいかなとその時は思いました。

 

猫がお尻を擦りつける

ですがその頃からどうも下痢をしてるようで、初めて気が付いたのは床が汚れてたからでした。

きっとお尻を擦り付けたんだろうなという汚れ方をしてて、もしかしたら変な病気じゃないのかとその時は思いました。

それから飼い猫がちょくちょくお尻を床に擦り付けてるのを目撃することになったんです。

それ以前からおトイレを掃除するときに、ちょっとウンチが柔らかくなってるのを発見しいました。

「大丈夫かな?」と最初は軽い感じで心配していましたが…。

それがあまりにも頻繁に続くようになってるのを確認した頃には、本当に体調に異変が起きてて何か病気でもしてるのではないかと考えるようになりました。

 

下痢の原因は缶詰だった

病院に連れて行った方がいいのかなと思いました。

しかし、原因が黒缶だと何となく考えるようになった時に、下痢とはそもそも水分が多いからなるわけで、缶詰はほとんどが水分だと聞きましたので間違いなく缶詰だと思いました。

ただ体調は崩してるということもあり、一度病院に連れていくことにしました。

下痢はストレスとか何かの病気から起きることもあると聞きましたので、正直なところ黒缶じゃなかったらどうしようかという不安もありました。

病院は行くのをやめとこうかなって思いました。

ただそれも逃げてるだけで、もし何かあったらもっと酷くなるかもしれないと思い連れて行くことにしたんです。

それで下痢を改善するために確実に黒缶なのかを確認するため、そして他に原因はないか獣医師に相談することにしました。

先生によると下痢の原因として考えられる寄生虫や塩分の摂りすぎストレスなどなど、特にそれらではなさそうだということを説明されました。

一応念のため検査して診てもらうことにより不安な気持ちも取り除けるのでやはり獣医師に相談することは一番いい方法だったと思います。

それと先生からもし今後下痢を1~2回するようであれば、様子を半日ほど見てから判断してみてくださいと説明されました。

もし続きそうならキャットフードが合ってない場合もあるとのこと。

その時は別のキャットフードに変えるか、またはなかなか改善が見られない場合であればまた連れてきて欲しいとのことでした。

そして個人的に下痢を改善するために行ってることは、水分の多い食べ物はなるべく食べさせないようにしてること。

ただ、たまに食べさせる程度はいいと判断して与えてます。

それからは下痢をすることもありません。

 

猫に新しい食事を与えるときは量を少しずつ増やして確認

もし下痢をされると猫はあちこちでお尻をスリスリしてしまうので、掃除をするのがとても大変なことになってしまいます。

その時はいいかもしれませんが、あまり変な物や普段食べさせてない物はなるべく気を付けましょう。

もしそれでも食べさせる場合には、最初は少しずつ食べさせるようにして、下痢にならないか注意しましょう。

 

追記

下痢をしなくなったキャットフードを1年にわたってレビューしています。

14歳はかなりの高齢猫さんなので、食事に気をつけてあげないとお腹を壊してしまいますよね?

だから、キャットフードの切り替えで改善することがよくあります。

参考にしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました