17歳の猫が食物アレルギーで下痢が続いた時の話

猫の健康

小さい時からずっと猫がいる暮らしをしてきました。

結婚してからもずっと猫と一緒に暮らしています。

私は36歳のパート主婦をしています。

現在は17歳と5歳の雌猫と雄猫と一緒に暮らしています。

どちらも里親探しの会から引き取った可愛い子です。

この17歳の方が、昨年は下痢に悩まされ続けていました。

最初は食べ過ぎなのかなと思って様子を見ていたのですが、下痢は毎日おきました。

一向に治る様子がないので病院に連れて行きました。

最初は下痢止めと抗生物質を出してもらって1週間飲み続けるように指示されたので、その通りにしていました。

しかし、良いうんちが出る時もありましたが、下痢になってしまう時もあるという風に繰り返していました。

結局2週間薬を飲んでも下痢と普通便が繰り返されるので、もしかしたら食物アレルギーかもしれないねと先生に言われたのです。

 

17歳の高齢猫でも食物アレルギーで下痢になる

食物アレルギーと聞いても、最初はピンときませんでした。

猫にも食物アレルギーがあるなんて、わたしは今まで聞いたことも見たこともなかったからです。

すみません、本当に知らなかったのです。

でも病院食で、食物アレルギー用のリミテッドイングレディエンツというアレルゲンが含まれている食材を避けて作られている療法食を与え始めたところ、だんだんうんちが固まってきて下痢が止まったのです。

下痢をしている時に与えていたドライフードはピュリナワンという人気フードでした。

でもその中に配合されているなんらかの食材がうちの猫のお腹には負担をかけてしまったのでしょう。

結局はそれを食べさせるのをやめて処方食にすることで、完全にお腹の調子は元どおりになりました。

 

キャットフードを変えて下痢が治った

あれから一年たちますが、今は実は処方食をあげていません。

というのも、処方食は普通のキャットフードよりもかなり高めなのでお財布にはきつすぎます。

それに、処方食をあげなくても、最近は市販品でアレルギー用の除去食もあるのでそれをネットで購入して与えるようにしています。

あたえているのは、アレルギー食のドライフードです。

この食事にしてからもお腹の調子はとても良いので安心です。

 

高齢猫が下痢で大変だったこと

食物アレルギーが原因の下痢だったので、食事を変えたら途端に効果がでて下痢は止まりました。

下痢の時の対処はとても大変でした。

まずトイレの砂が下痢のうんちと一緒にかき混ぜられてしまっているので、その度に全部砂を捨てなければいけなくて、かなり経済的なダメージがありました。

しかもその猫は毛足がちょっと長めなので、下痢が足とか尻尾とかにべったりくっついてしまうことも多かったのです。

そうなるとリビングのカーペットや一緒に寝ている私の布団カバーなどにも下痢がべっとりとついてしまって、洗濯をするのに追われたりしていました。

いろんなところにうんちが付いていると流石にこちらのテンションも下がってしまいます。

外出中に下痢をされて汚されるのが嫌で、外出することも少なくなりました。

こんな風に下痢の時は私自身もかなりストレスがありました。

 

食物アレルギーの下痢はキャットフードを切り替えよう

結局、下痢の原因もはっきりして下痢を起こさないような食事に変えるだけで、すんなりと慢性的な下痢が改善されたので助かりました。

もう1匹の5歳の猫の方も、お腹が強い方ではないと思うので、食物アレルギーが現時点ではありませんが、やはり予防のためにも同じフードを食べさせているところです。

今回のことで猫は下痢しやすい動物だということは初めて知りました。

下痢は犬の方が多い病気だと思っていたのでとても勉強になりました。

猫を長年飼っていても知らないでここまできたというのが自分でも驚いています。

過去に暮らした猫でお腹が悪かった猫は1匹もいなかったので、やはりこれも人間と同じでアレルギーの子が増えてくるという時代の流れなのかなと思ったりしています。

 

食物アレルギーの猫に 食べさせて下痢が止まったキャットフードについて 詳しくレビューをしています。

参考にしてみてください。

コメント