我が家の19歳の猫が下痢をして大騒動の体験

猫の健康

わたしは50代の主婦です。

猫を飼い始めて19年目になります。

長生きしてます。

我が家の愛猫は、自宅の庭先で雨に濡れてニャーニャー鳴いているところを保護して飼い始めました。

その当時は多分生後半年を過ぎた頃の雑種の子猫でしたので、野良生活もそれほど長い感じではありませんでした。

しかしちょっと痩せて衰弱しているように見えました。

まず自宅に入れてから体を洗って綺麗にしました。

キャットフードは以前飼っていた猫に与えていたモンプチのドライフードで、子猫用というのを買ってきました。

ご飯もたっぷり食べて遊んであげて、ブラッシングもたっぷりしてあげると喜んでゴロゴロいう姿は本当に可愛かったです。

室内飼いではなく、自由に外と家を行き来できるように飼いました。

 

19歳の猫が噴出下痢

ところが19歳になったころから、水下痢が始まってしまいました。

まさに水の状態でトイレに行くとプシューっと勢いよく水様下痢が噴出してくる感じで大変驚きました。

猫の下痢に関しては先代猫がお腹が弱くてよく下痢をしていたので慣れているつもりでしたが、高齢猫の下痢は噴出下痢で、これは初めての経験でかなり慌てました。

すぐに動物病院へ、採取した便を持って診察を受けさせに行きました。

全体的には健康体でしたが、寄生虫かも?と獣医師から言われました。

便の検査の結果は翌日にならないとわからないと言われましたが、とりあえずは下痢止めの薬と整腸剤をもらって帰ってきました。

 

下痢便で苦しそうな猫、トイレもひどく汚れて…

下痢止めの薬は朝昼晩の3回飲ませるのですが、大暴れするので飲ませるのには本当に苦労しました。

翌日、便の検査の結果が出て、やはり寄生虫がいるということで改めて駆虫剤を処方してもらいました。

名前はドロンタールというものだったと思います。

これを飲めば下痢はすぐに治ると思ってこの時点ではかなり楽観視していました。

ところが下痢止めを飲ませても駆虫剤を飲ませても1週間の時点でまだ水下痢は治らなかったのです。

水下痢なので猫も便意をもよおすとすぐに出てしまうみたいでトイレを置いている廊下の周辺には下痢が何箇所も付着していました。

下痢便はニオイもものすごくきついので家中が便のニオイで充満していて本当に大変という言葉では片付けられないぐらいの悲惨さでした。

 

猫に駆虫剤が効かず抗菌剤を飲ませる

動物病院には何度か通院しましたが駆虫剤を飲ませても効果があまり見られないことや下痢止めも効かないということで獣医師も頭を抱えていました。

便の検査を何度も繰り返して行なったところ、4回目の検査で、やっとジアルジアという寄生虫が検出されたのです。

ジアルジアには抗菌剤を飲ませることで対処しました。

この抗菌剤がフラジールという名前だったと思うのですがすごく苦い薬のようで、飲ませる時に泡を吹いて大変な目にあいました。

あまりに抵抗するし本猫も苦しそうなので抗菌剤の錠剤をカプセルを買ってきてそれに詰めて飲ませたら今度はうまく行きました。

 

猫の寄生虫予防にはまず家飼いを

結局抗菌剤を飲ませることで下痢は、やっと治ってくれました。

1ヶ月以上水下痢と、その掃除に追われ、猫のお尻もいつも赤くなっていて本当にかわいそうでした。

しつこい下痢はジアルジアが原因だとわかり正しい治療ができて一件落着で本当にホッとしました。

猫の下痢はとてもありがちな病気なのだそうですが、やはり外に出て野良猫と似た生活をしている猫の場合は、結構な確率で寄生虫を持って帰ることがあるので、早めに動物病院へ連れて行って健康診断をした方が良いのだと学びました。

現在はすっかり元気になり、家中を飛び跳ねて遊んでいます。

下痢はあれ以来まったくしていませんが、獣医さんのほうから当面は一年に一度は駆虫剤を飲ませ他方が良いとアドバイスを受けているのでそうしようと思っています。

 

ブログの管理人のわたしも、18歳の猫を飼っています。

今回は寄生虫が下痢の原因でしたが、日々の食生活が下痢の原因になることがとても多いです。

18歳の猫に食べさせて下痢が止まったキャットフードについて、詳しくレビューをしています。

参考にしてみてください。

コメント