猫エイズは予防出来る!感染を防ぐ方法や感染後発病させないケアの方法

猫の健康

猫エイズって知っていますか?

いまだ確実な治療法が見つかっていない、人間同様恐ろしい病気です。

「猫免疫不全ウイルス感染症」とも呼ばれています。

しかし細菌ではワクチンが開発されて、予防が出来るようになっています!

また、人間への感染の心配はありません。

このブログを読むだけで猫エイズについて正しい知識を身につけることが出来るように、読みやすい量でまとめてみました。

 

猫エイズの症状

猫エイズは免疫力が下がり色んな症状に侵されてしまう恐ろしい病気です。

感染ルートは、既に感染している猫との接触で、ケンカの傷によるものがほとんどです。

猫エイズに感染すると、いったん発熱や下痢が見られますが、その後は回復したように見えます。

しかしそれは「無症状キャリア期」と呼ばれる期間で、数年をかけながらゆっくり着実に病気は進行します。

この後実際に猫エイズが発病すると、免疫機能が低下して、慢性的で治りにくい口内炎や鼻炎・頑固な下痢になります。

さらに進行すると、体重減少・貧血・悪性腫瘍のほか、健康な猫であれば感染しないような病気にもかかります。

このような状態になると、数ヶ月で死ぬと言われています。

 

猫エイズは最新ワクチンで予防可能

以前はワクチンが無く予防が難しかった猫エイズですが、今はワクチンが開発されています。

100%確実ではありませんが、かなり高い確率で猫エイズを防いでくれます。

接種の仕方は、はじめ1ヶ月おきに3回接種、その後は他のワクチンと同じように1年に1回接種します。

猫エイズと他の感染症を併発すると事態は深刻になるので、他の感染症のワクチン、例えば猫風邪のワクチンも打っておくと良いです。

【参考】

 

予防のためには、室内飼いを徹底することです。

他の猫と遭う機会が多ければ多いほど、猫エイズの感染率は高くなります。

野良猫は一見元気そうでも猫エイズに感染している可能性があり、実は無症状キャリアであるケースが少なくありません。

 

猫エイズにもし感染してしまったら?

もしあなたの愛猫が猫エイズにかかったとしても、必要以上に恐れたり悲しんだりしないでください。

まず人間への感染の感染はありえません。

また、猫がウイルスを持ったまま無症状でいる場合もあります。

体調に注意すれば、感染から10年以上も長生きして、天寿を全うすることもあるのです。

発症してしまっても、ケア次第で症状の改善や延命はできます。

猫エイズは免疫力の低下によって、普通なら治るはずの病気が悪化して死に至る病気です。

ですから、猫風邪や体調不良の症状が出たら、都度しっかり治療に集中して体を治せば、すぐに死んでしまうことはないのです。

 

おわりに

猫エイズは、猫の変調に早く気づき、早急に対応することは言うまでもありませんが、猫エイズにまつわる様々な症状は徹底的に完治させるものではなく、上手く付き合っていくものと考えましょう。

例えば口内炎が出来たとしたら、強い薬で治そうと言う発想ではなく、体に負担をかけないように口内炎が痛くないように、キャットフードを柔らかいものにするとか流動食にするなどの対応をすることが大切です。

口が痛くて猫が食べられないために、食べ物を食べやすくして体力とつけてもらうと言う考え方です。

猫エイズでもっとも大切なのは、猫にストレスをかけず無駄に体力を消耗することなく、体力を温存しながらケアを継続していくことなのです。

そしてもう1つ、猫の健康に欠かせないのが食べ物・キャットフードです。

私は猫の病気予防と長生きのために、キャットフードを変えました。

2017年3月から今日まで約1年間、新しく切り替えたキャットフードを食べる猫の様子を詳しくレビューしています。

体によい食べ物は、健康で長生きに欠かせません。

もし猫が健康で長生きできるキャットフードを探しているなら、レビューを参考にしてキャットフードの切り替えを検討してください。

食事に気をつけて、猫と幸せな時間を過ごしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました