猫が家の観葉植物を食べたけど危険かどうか分からなくて不安な人へ

猫の健康

部屋の中に観葉植物や花を置いていると猫が食べて大事件になることがあります。

以下、猫に危険な植物のリストを紹介します。

猫が該当する植物を食べた場合、すぐに獣医さんに診せてください。

 

猫に危険な植物一覧

すずらん

どこを食べても危険。

下痢や嘔吐、腹痛を起こす。心臓にも負担がかかる。

 

アロエ

樹液に猫の体温を下げたり下痢を起こす成分が含まれている。

 

ポインセチア

葉や茎を食べると口の中で激痛が起こり、嘔吐下痢を起こす。

 

トマト

トマトの実は大丈夫だが、葉や茎を食べると皮膚がかぶれる。

 

アイビー

どこを食べても嘔吐・下痢・腹痛を起こす。

 

あさがお

あさがおの種は嘔吐や下痢を引き起こす。

 

ポトス

葉の部分を食べると猫の口が腫れる。

 

チューリップ

球根が危険で食べると猫の皮膚がかぶれる。

 

その他危険な植物一覧

・ユリ

急性腎不全になり命を落とすことがある

・シクラメン

・ジャスミン

・ショウブ

・ツツジ

・ビンチョウゲ

・ヒヤシンス

・ホウズキ

・スイセン

・ききょう

・カラー

・オシロイバナ

・サクラソウ

・アンズ

・ウメ

・ヒナゲシ

 

猫が植物を食べた時の対応

猫は毒性のあるものは自然に吐き出しますが、もし猫が急に具合が悪くなり、近くに食べた形跡があるものがあれば保存しておき、獣医さんに猫と一緒に診てもらいます。

診断の決め手になるかもしれません。

特に「ユリ」は危険ですので、猫と同じスペースには置かないようにしましょう。

 

おわりに

猫は余った毛を吐き出すために草を食べる習慣があります。

もし可能であれば、ホームセンターやペットショップに売られている猫草を置きましょう。

一説によると、猫が中毒を起こす植物は700種類以上あると言われています。

猫の手の届く範囲には極力植物は置かないことが、猫の安全のために一番有効です。

ただ、

・猫草を必要以上に要求する

・観葉植物をかじる

猫が食事には不満を抱いているのかもしれません。

これを機会に、食事を改善してみてはいかがでしょう?

私は猫の病気予防と長生きのために、キャットフードを変えました。

2017年3月から今日まで約1年間、新しく切り替えたキャットフードを食べる猫の様子を詳しくレビューしています。

体によい食べ物は、健康で長生きに欠かせません。

もし猫が健康で長生きできるキャットフードを探しているなら、レビューを参考にしてキャットフードの切り替えを検討してください。

食事に気をつけて、猫と幸せな時間を過ごしましょう。

コメント