キャットフードの種類は総合栄養食と間食とその他目的職の3つ

キャットフード

毎日カリカリなどドライフードばかり食べさせていると、なんだか猫が可哀想になってくる方もいるかもしれません。

しかし結論から言うと、猫にはドライフードだけを食べさせてあげるのが一番良いです。

今回は、カリカリなどドライフードのメリットや役割と、おやつや間食について詳しくし紹介していきます。

 

キャットフードは大きく分けて3種類

キャットフードはその目的により、

・総合栄養食

・間食

・その目的食

の3つに分類されます。

主食として与えるときは、「総合栄養食」と書かれたものを選びます。

キャットフードはたくさんのメーカーから販売されていますが、品質が良く猫に合うキャットフードを選んであげるのは飼い主さんの役目です。

 

猫の毎日の食事である総合栄養食

猫の毎日のご飯は、総合栄養食をあげましょう。

それ以外のフードだけでは、栄養のバランスが大きく崩れてしまいます。

総合栄養食は、猫が必要とする栄養基準を満たした毎日の主要な食事として与えるためのフードです。

新鮮な水と一緒に与えるだけで、猫が健康を維持できるように理想的な栄養素がバランス良く調整されています。

カリカリやドライフードがメインの食生活を続けていれば、猫が極端に栄養不足になることはありません。

 

おやつなどの間食は必要か?

おやつやスナックなど猫のご褒美として売られているのが間食やおやつです。

「いなばのCIAOちゅーる」などが有名ですね。

私も以前はご褒美にあげていました。

たまには栄養とか考えないで猫が喜ぶものをあげないと…と思っていました。

しかし私の場合は間食やおやつをあげると、主食の総合栄養食をちゃんと食べなくなってしまいました。

シニア猫なので、おやつでお腹が一杯になって大事な主食を食べなくなるのは本末転倒です。

私は猫に間食やおやつをあげることは、結果として健康を損ねることになるので、今はやめています。

 

その他の猫の目的食

総合栄養食、間食どちらにも分類されないフードを「その他の目的食」と言います。

特定の栄養の調整やカロリー補給、嗜好増進などを目的としています。

具体的には次のように表示してあります。

・一般食(おかずタイプ)

・一般食(総合栄養食と一緒にあげてください)

・栄養補完食

・カロリー補給食

・副食

 

おわりに

今回は総合栄養食とその他のフードの役割について紹介しました。

基本、総合栄養食だけで猫は健康に生きられます。

むしろその他のフードを与え過ぎたり、手作りのフードで栄養のバランスが崩れてしまうことによるリスクの方が大きいです。

猫の食事は味わいだけで決めないで、栄養素のバランスを重視しましょう。

私は猫の病気予防と長生きのために、キャットフードを変えました。

2017年3月から今日まで約1年間、新しく切り替えたキャットフードを食べる猫の様子を詳しくレビューしています。

体によい食べ物は、健康で長生きに欠かせません。

もし猫が健康で長生きできるキャットフードを探しているなら、レビューを参考にしてキャットフードの切り替えを検討してください。

食事に気をつけて、猫と幸せな時間を過ごしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました