猫が食事をするのに最も適した時間帯とは?

キャットフード

猫に食事を与える際、もっとも適した時間帯はいつだと思いますか?

キャットフードの袋には「1日分の量を数回に分けて」と書かれているだけで、正確に何時とは書かれていません。

猫を飼っていると、食事を食べる周期は人間と同じように感じます。

ですが、猫は「夜型」の生き物です。

1日分の量を、昼間3分の1・夜に3分の2あげるのが、望ましいです。

今回は、猫が食事をするのに適した時間について書いています。

 

猫の体内時計は人間と全く違う

猫の生態はまだまだ完全に解明されていませんが、人間と異なる生態リズムで生きているのは間違いありません。

「横浜市の猫の適正飼育ガイドライン」の3ページ目には、「猫は本来夜行性の動物です。」と表記されています。

 

「ペットの健康を考える会」が独自に調査したところ、猫やフェレットは完全に夜行性の動物であり、食事の消化に適した時間や排泄に適した時間は、人間と完全に違うことが分かりました。

 

内臓の動きと猫の生活リズム

人間の場合、昼間が代謝が高い時間なので、日中に食べたものをどんどん消化して熱による発散がさかんに行われます。

夜は腸の動きが活発になって栄養を吸収して体内に溜め込みます。

夜食が良くないのは、腸が頑張って吸収している最中に食べ物が入ってくると、十分に消化できないからです。

朝のトイレが混雑するのは、人間の生態リズムで、朝が排泄に適した時間帯だからです。

一方夜行性の猫は人間と全く違います。

朝から昼間→吸収

昼から夕方→排泄

夜から朝方→消化

ですから、人間が朝食を食べているからと言って、猫も欲しているとは限らないのです。

猫は食欲をしっかり管理出来る機能が発達しているので、出されたものを無理に一気に詰め込むような食べ方は本来はしません。

ただし、飼い主の手によって、猫の体に合うようにキャットフード決まった時間のあげることで、猫の体にかかる負担を凄く軽くしてあげることができます。

 

おわりに

私の猫さんは、

03:00

09:00

17:30

1日に3回、上記のパターンで食事を出しています。

※2018年3月現在

夜行性の動物と理解したあと、この周期でご飯をあげ始めてから、体調が良くなりました。

夕方の17:00に出すと、最初口を付けただけでしばらく食べません。

19~20時を過ぎたあたりから、少しずつ食べていきます。

私が寝ている時が一番カリカリが減る量が多いです。

朝までカリカリを追加しないと猫が喚き散らすことがあったので、まだ暗い03:00にご飯を追加するようにしました。

すると、私が起きてくる朝7時くらいには、カリカリがかなり減った状態になっています。

昼間3分の1・夜に3分の2あげるパターンを、私の猫の状態に合わせて、少しアレンジを加えています。

猫がご飯を食べる適したパターンは、個体や種類によって違うと思うので、色々と試して、一番良い時間帯を探してあげてください。

猫の食事時間をしっかり管理して、猫の体に合った時間帯にご飯が出るようにすることは、猫の健康にとても良い影響を与えます。

ぜひ猫のご飯の時間帯にも気を使ってあげてください。

2017年3月から今日まで約1年間、新しく切り替えたキャットフードを食べる猫の様子を詳しくレビューしています。

体によい食べ物は、健康で長生きに欠かせません。

もしあなたが猫の健康に役立つキャットフードを探しているなら、レビューを参考にしてキャットフードの切り替えを検討してください。

食事に気をつけて、猫と幸せな時間を過ごしましょう。

コメント