キャットフードに含まれる動物性油脂が猫に与える悪影響が恐ろしすぎる

キャットフード

キャットフードの成分表を見ると必ずあるのが「動物性油脂」と言う表示です。

何のことかさっぱり分かる人は少ないです。

猫は脂質が必要で、脂質を摂るためにキャットフードに動物性油脂が含まれています。

お肉に含まれる脂分のことなのですが、牛の肉なのか豚の肉なのか、そもそも何の肉なのか分かりません。

今回は動物性油脂がどんなもので、猫の健康にどのように影響するか、詳しく解説していきます。

 

キャットフードに含まれる動物性油脂とは?

キャットフードには、肉骨粉や動物性油脂が必ずといっていいほど使われています。

肉骨粉は「ミール」と表記されることもあります。

これら肉骨粉や動物性油脂は、キャットフードメーカーがおもにレンダリング業者から購入します。

牛や豚、ニワトリなどの家畜が解体される時に出る残存物を加熱処理し、肉骨粉や油脂分に加工して、肉骨粉や動物性油脂が作られます。

家畜が解体されたものだけでなく、場合によっては猫や犬の死体から動物性油脂が作られることもあります。

【参考】

 

動物性油脂は劣化が早い

動物性油脂は酸化・劣化しやすいです。

レンダリング業者から購入する肉ですから、極めて質が悪いであろうことは言うまでもありません。

パンに塗るバターに例えると分かりやすいです。

バターは冷蔵庫から出して放置しておくとすぐに傷んで食べられなくなってしまいます。

 

動物性油脂の酸化を抑えるための大量の科学物質

酸化しやすい動物性油脂をこれ以上傷まないようにするために、人工の保存料が使われます。

また、酸化による変色を隠すための着色料(赤や緑のカリカリ)、猫が嫌う嫌なにおいを消すための人工の香料などたくさんの科学物質が使われます。

毒性の強い科学物質が猫の体に入ると、解毒の役割を果たす臓器の肝臓に負担がかかります。

さらに酸化した上にたくさんの有害な科学物質が使われた動物性油脂はとても消化しずらく、消化不良を起こしたりキャットフードを吐き出したりする原因になります。

しかも、キャットフード全体ではなく、動物性油脂の酸化を防ぐ保存料は、成分表に記載する義務がありません。

今ではほとんど無いですが、発がん性物質を含む保存料が使われているケースもあります。

【参考】

 

動物性油脂の飽和脂肪酸の問題

脂肪には、常温で固形のものに含まれる「飽和脂肪酸」と常温で液体のものに含まれる「不飽和脂肪酸」があります。

飽和脂肪酸は猫の体内で作れますが、不飽和脂肪酸は体内で作れません。

動物性油脂のほとんどは、飽和脂肪酸であり飽和脂肪酸は猫の体内で固まりやすく、血液をドロドロにして流れにくくする特徴を持っています。

動物性油脂を摂りすぎると、血管に脂肪がこびりついて動脈硬化を引き起こしたり心臓に負担をかけたりします。

 

キャットフードに含まれる植物性油脂って?

キャットフードには植物性油脂が含まれていることがあります。

動物性油脂が、固まりやすい飽和脂肪酸を含むのに対して、植物性油脂は固まりにくく保存が効く不飽和脂肪酸を含んでいます。

不飽和脂肪酸は、亜麻仁油に含まれるオメガ3・オメガ6脂肪酸やビタミンを多く含むので、猫の健康に良い成分です。

オメガ3脂肪酸は血液をサラサラにするので、腎臓病や尿路結石を予防する働きがあります。

ただし摂りすぎると猫の体に負担がかかります。

 

キャットフードの材料の4Dミートは動物性油脂の材料

キャットフードの成分表示を見ると、大体は鶏肉や牛肉などの「肉類」と書かれています。

「肉類」です。

「肉」ではありません。

この微妙な表現が、キャットフードの安全性に疑問を投げかけています。

結論から言うと、キャットフードに使われる肉は、人間が食べられない部分が使われていることがあります。

肉類は「肉副産物」と書かれていることもあります。

ここで、AAFCO(アメリカ飼料検査官協会)が定めている原材料の定義の中の「肉副産物」の内容を紹介します。

「肉副産物とは、屠殺された哺乳動物より取り出される、汚染されていない部位だが精製されてはいない肉以外の部位のこと。肺・腎臓・膵臓・脳・肝臓・血液・骨・部分的に脱脂された低温脂肪組織、内容物を取り除いた胃腸などを指す。」

【参考】

 

要するに肉副産物とは、筋肉以外の部位のことです。

そしてこの肉副産物は、どんな状態のものが使われているのか分からないと言う問題が存在します。

ここで、肉のランクを表す「USDAミートの格付け」の表を見てください。

グレードグレード名詳細
1Prime最もジューシーな肉。霜降りやテンダーカット。
2Choice霜降りやテンダーカットだが、Primeよりは若干劣る。
3Grade A

(スタンダード)

ジューシーもでなくテンダーカットでも無いが、標準的なやわらかさ。一般的な食肉。
4commercialひき肉用。
5utilitityサンドイッチ、ホットドッグ用。
6cuttngs缶詰肉など最も低級な肉。人間が食べられる最低水準の肉。
7Other Use人間の食材として使用禁止。
8Grade D

(4D Meat)

Dead=死亡した

Diseased=病気がある

Dying=瀕死

Disabled=障害を持つ

レベル7の「Other Use」はいわゆる「屑肉」です。

レベル8の「Grade D/4D Meat」に至っては廃材扱いとなり、人間の食材として使えません。

実はこれらの肉を使っているのが、ペットフードや家畜用の飼料です。

最下位の4Dミートには、路上で車に轢かれた動物の死体も含まれます。

また、ガン細胞に冒された臓器や、カビやサルモネラ菌に感染したもの、腐敗した肉が混ざっている可能性があります。

もちろん全てのキャットフードメーカーがレベル7やレベル8の肉を使っている訳ではありません。

プレミアムキャットフードだと、レベル3の肉が使われていたりします。

ちなみに、日本国内ではどのようなランク付けがされているのか農林水産省に確認したところ、

「霜降りや松坂牛など食べる肉の格付けはあるが、USDAミートのように食べるOR食べられない肉の格付けは無い。」

とのことでした。

人間が食べる豚や牛などの家畜には厳しい規制があり、仮に成長段階で病気予防のための薬が使われていたとしても、出荷が近づき一定の時期になると、人間に影響を与えるかもしれない抗生物質や薬は使用禁止になります。

そして薬物の痕跡が無くなるまで出荷を待ち、一定の検査にパスした安全が確認できた家畜だけが出荷されるシステムになっています。

しかしキャットフードにはこのようなルールも検査システムもありません。

 

猫の食いつきを良くする肉副産物

肉副産物は猫の食いつきを良くするためにも使われます。

肉のエキスや副産物を酵素分解し、液状もしくは粉末にしてキャットフードの表面にコーティングします。

こうすると完全肉食である猫の食いつきが良くなります。

猫が美味しそうに食べているのは、メインの食材であるはずの肉を味わっているのではなく、キャットフードの表面についている「調味料」や「香料」に騙されているだけなのです。

 

キャットフードに添加される代表的な科学物質一覧

特に市販の安価なキャットフードに添加される場合が多い科学物質を一覧表にまとめました。

人間にも使われる添加物もあるので、名前を聞いたことがある方もいるかもしれません。

しかしキャットフードの場合は、使用料や使用出来る食材にいっさいの規制がないことを覚えておいてください。

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)
用途酸化防止剤
毒性発がん性。環境ホルモンの疑いあり。
BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)
用途酸化防止剤
毒性発がん性、変異原性、催奇形性
エトキシキン
用途酸化防止剤、ビタミン・ミネラルの安定化
毒性発がん性、アレルギー性皮膚炎や目と皮膚に炎症を起こす。
プロピレングリコール
用途保存料、湿潤剤、甘味料
毒性硬い便をする、腸の障害を起こすなど。急性の毒性は無い。
ソルビン酸
用途防腐剤、保存料
毒性(亜硫酸と結びつくと)発がん性、成長抑制、肝臓・腎臓・精巣の重量減など。

※環境ホルモン→体内の正常なホルモンの働きを壊す。

※変異原性→科学物質がDNAや染色体に損傷を与える。

※催奇形性→胎児に奇形が発生する。

キャットフードの中に抗生物質が残る影響

日本でも、牛や豚・ニワトリの生産を効率よくするために抗生物質が使われます。

テレビで、狭い小屋の中に、ニワトリや豚がギュウギュウ詰めになっているところを見たことはありませんか?

このギュウギュウ詰めの状態を「密集飼い」と言います。

密集飼いすると、家畜が病気になりやすいので、病気の伝染を防ぐために大量の抗生物質を投与します。

そして牛・豚・ニワトリの解体後に出る「残り」が、キャットフード記載されている「ミール」「動物性油脂」に加工されます。

キャットフードに抗生物質がどれくらい含まれているかは分かりません。

そもそも、分かったとしてもそのような数字をフードメーカーが出すはずはありませんし、そんな義務も無いのです。

 

キャットフードの中に残る麻酔薬による悪影響

アメリカでは、ペットが不要になると直ちに安楽死させられます。

安楽死には「バルビツール酸系神経系薬剤」と言うものを使います。

バルビツールと言う薬品は、超短時間で効く麻酔です。

劇薬に指定されていて、沢山投与すると心不全や呼吸停止を起こします。

ですから、安楽死に使われています。

高熱でレンダリング処理されても、このバルビツールと言う薬が残ってしまうことがあります。

そうなると、バルビツールを含んだキャットフードを食べた猫が吸収してしまいます。

仮に吸収したとすると、心臓など循環器に悪影響が出ます。

バルビツールが含まれる量が極めて少量だとしても、猫の体に良いはずはありません。

アメリカ産のフードを選ぶ場合、このような背景があることは覚えておきましょう。

 

おわりに

私が市販のキャットフードをやめてプレミアムキャットフードに変えたきっかけは、それまで猫に食べさせていた安いキャットフードへの不信感でした。

常に体調が悪く、動物病院に連れて行っても異常なし。

そこでキャットフードについて調べたのです。

そして分かったことは、「キャットフードには色々な危険性がある」ということです。

毎日猫が食べるキャットフードですから、「ちょっとくらい悪い成分がはいっていても大丈夫だよね。」なんて絶対言えません。

ホームセンターで売られているキャットフードが絶対悪いとは断言できません。

しかしキャットフードについて知識を増やして、危ないものを選ばないようにすることは、飼い主の幸せにきっと繋がります。

2017年3月から今日まで約1年間、動物性油脂をまったく使っていないキャットフードを食べた猫の様子を詳しくレビューしています。

もしあなたの猫が体調不良だったら、レビューを参考にしてキャットフードの切り替えを検討してください。

食事に気をつけて、猫と幸せな時間を過ごしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました