トウモロコシ入りのキャットフードを避けてサツマイモ入りを選ぶと良い理由

キャットフード

あなたは、市販のキャットフードの成分表示に「トウモロコシ」と書いてあるのに気づいていますか?

※ねこ元気のパッケージより

猫は完全な肉食動物です。

だから、ネズミを追いかけて食べます。

肉を消化するのが得意な一方で、野菜や穀物の消化が非常に苦手です。

ですので、キャットフードに穀物であるトウモロコシは入っていない方が良いのです。

ただし、少量でも猫の体に悪いというわけではなく、適量であれば問題ありません。

キャットフードに猫が苦手なトウモロコシが入っているのは、かさ増しキャットフードの値段を下げるため。

トウモロコシは肉より遥かに安く手に入ります。

しかし本来猫の体に合わないトウモロコシを食べさせ続けていると、猫の健康を損ないます。

今回はキャットフードのトウモロコシが猫の体に与える影響について詳しく書いていきます。

 

猫にトウモロコシは有害なのか?

猫にトウモロコシが合わないのは、トウモロコシに含まれる「セルロース」と言う成分があるからです。

猫はセルロースの分解が非常に苦手です。

人間であればセルロースを分解して栄養に出来ますが、猫は出来ないのです。

 

猫にトウモロコシを食べさせてもいいのか?

市販されているキャットフードのほとんどに、トウモロコシは入っています。

絶対に食べさせてはいけないものを堂々とは売りません。

トウモロコシは避けるべき食材ですが、少量でも食べたらすぐに猫が体調を崩したりはしません。

 

ではどれくらいの量のトウモロコシなら大丈夫なの?

残念ながら正確な量は分かりません。

キャットフードの袋にも、トウモロコシの正確な量が記載されていないことがほとんどです。

この赤いパッケージは、10年以上食べさせていた「ねこ元気」の成分表示です。

キャットフードの成分は、含まれている成分の多い順に書くことがルールになっています。

成分の中で一番トウモロコシが多いです。

しかしこの成分表からは、正確な量が分かりません。

キャットフードに関して法律が無いため、このように中途半端な記載にとどまっているのです。

 

なぜキャットフードにトウモロコシが入っているの?

先程書きましたがトウモロコシにはセルロースと言う成分が入っています。

猫はセルロースを分解できません。

だから、セルロースが猫の体内に入ると体の中に残ります。

セルロースは水を含むと大きくなります。

大きくなったセルロースは、猫のお腹を太らせます。

キャットフードにトウモロコシが入っているのは、安いトウモロコシでかさ増しをして、猫のお腹を太らせ満腹にするためです。

しかし栄養で満たされて、猫のお腹がいっぱいになったわけではありません。

やはりトウモロコシは、猫の食事としては敬遠すべきなのです。

 

トウモロコシの体に良いイメージを利用

トウモロコシと言うと、何だか大地の恵みを沢山受けて、体に良いイメージがありませんか?

人間の体にとって良いイメージがあるので、猫の体にも良いだろうと想像しやすいです。

ちなみにキャットフードにトウモロコシと表示されていると、黄色い実の部分を想像しませんでしたか?

ほとんどの人が、黄色い実の部分を思い浮かべると思います。

しかし、現実は少々違います。

キャットフードは、牛や豚などの家畜の餌を作る工程と同じ方法を採用しています。

家畜の餌は、トウモロコシの「外皮」「芯」「ヒゲ」を大量に含みます。

キャットフードも同じ作り方を採用しています。

つまり、本来なら捨ててしまう人間が食べれないトウモロコシのカスの部位を大量に使うことで、コストを下げているわけです。

「外皮」「芯」「ヒゲ」は、毒では無いので必ずしも体に悪いとは言えませんが、穀物の消化を苦手とする猫にとって、非常に負担がかかる食べ物です。

 

トウモロコシを食べる猫の負担

牛や豚などの家畜と比べると、猫の消化器は5分の1と言われています。

消化出来ないトウモロコシなどの穀物は、便として外に出すしかありません。

トウモロコシをたくさん食べると、便の量は増えます。

便が沢山出るのは健康の証と思いがちです。

しかし猫が体に良いものを食べてしっかり吸収できていれば、便の量は自然と少なくなります。

あまりに毎日大量のうんちをする場合は、消化器に負担がかかっているかもしれませんよ。

トウモロコシ入のキャットフードは避けるべきです。

 

猫が穀物を摂るなら「サツマイモ」がオススメ

 

猫が穀物を食べるなら、サツマイモがオススメです。

理由は2つあります。

1つは、トウモロコシに比べてサツマイモにはビタミンCやビタミンEが含まれます。

ビタミンCは猫に必須のミネラルの吸収を助けてくれます。

ビタミンEは血流を良くするので、腎臓病の予防に効果的です。

2つ目は、トウモロコシと比べて猫が穀物アレルギーになりにくいです。

猫は元々穀物が苦手なので穀物アレルギーになりやすいです。

サツマイモはトウモロコシより穀物アレルギーになりにくいのです。

 

おわりに

今回はキャットフードのトウモロコシについて詳しく書いてみました。

トウモロコシが100%猫に悪い食べ物ではありませんが、毎日ねこが食べるのには向かないです。

ですから、トウモロコシを避けて毎日の猫の消化器への負担を減らしてあげることで猫が楽になることは間違いありません。

猫は言葉を話せませんから、自分の体調について伝えられません。

そして飼い猫は飼い主さんが選ぶ食事を食べるしかないのです。

2017年3月から今日まで約1年間、トウモロコシ不使用のキャットフードを食べた猫の様子を詳しくレビューしています。

もしあなたがトウモロコシ不使用のキャットフードを検討していたら、ぜひレビューを参考にしてくださいね。

食事に気をつけて、猫と幸せな時間を過ごしましょう。

コメント