猫がキャットフードを食べなくなった時に実践して解決した方法とは?

キャットフード

つい先日まで食べていたキャットフードを急に猫が食べなくなる。

猫を飼っている人なら、一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

そして、キャットフードに飽きたと判断して色々なキャットフードを買ってきて、結局食べてくれなかったなんてこともあります。

カリカリを食べなくなって、ウェットフードばかり食べるようになったりもします。

猫がキャットフードを食べなくなる理由の1つに体調不良があります。

猫が、ご飯のせいで体調不良なのではないかな?と判断した場合です。

 

食いつきが悪くなったらグレインフリーが効果的

ここで、猫がキャットフードを食べなくなる理由を考えてみましょう。

ほとんどの飼い主さんは、猫がキャットフードに飽きたから食べなくなったと判断します。

もちろん間違いでは無いと思いますが、もっと気にすべきは「猫の防衛本能」です。

人間でも、食べると体調を悪くするような、自分に合わない食べ物は遠慮します。

猫には、食べ物に含まれる成分まで理解出来る知能はありませんが、自分の体に影響がある食べ物にはすごく敏感です。

子孫を残すと言う本能から、キャットフードによる体調不良を防ぐために食べないと言う選択をしている可能性があるのです。

そこで問題になるのが、市販のキャットフードの「穀物」です。

猫は本来トウモロコシなど穀物は食べませんし、生きるために必須でもありません。

むしろ穀物は消化する時に猫の体にものすごく負担をかけるので、野良や野生の猫は自分からは食べません。

狩りをしてねずみなどを捕まえて食べます。

こうして今までのキャットフードを食べなくなって、肉主体のウェットフードばかり食べるようになるケースが少なくありません。

このような場合は、穀物完全不使用つまりグレインフリーのキャットフードを選んであげると、すんなり問題が解決することが多いです。

猫さんも自分の体に優しく合っているものは、本能的に分かりますからね。

 

カツオブシの正しい使い方と誤った使い方

猫がキャットフードを食べなくなった時、今ほど知識がなかったので、カツオブシをたくさんあげていました。

しかし、カツオブシはリンが多く結石の原因になります。

しかもカツオブシは全く水分がありませんから、元々あまり水を飲まない猫にとって、とても負担がかかる食べ物です。

カツオブシだけを食べさせるのは猫にとって非常に危険なのです。

ここで、カツオブシを上手に使う方法を紹介します。

キャットフード、特にカリカリなどのドライフードを、カツオブシと一緒に保管します。

すると、フードにカツオブシのにおいがついて、食いつきが良くなります。

カツオブシを丸ごと食べるわけではありませんし、食べるのはカリカリですから、問題ありません。

キャットフードの切り替えが中々進まない時など、このカツオブシのにおい付け作戦はとても有効ですよ。

 

おわりに

猫がキャットフードを食べなくなるのは、シニア猫に多いです。

加齢で食欲が落ちますし、固いカリカリを避けるようになります。

私の愛猫も高齢猫なので、ウェットフードやカツオブシばかり食べるようになっていました。

そこで私は、猫の病気予防と長生きのために、グレインフリーのキャットフードに変えたのです。

2017年3月から今日まで約1年間、新しく切り替えたキャットフードを食べる猫の様子を詳しくレビューしています。

切り替えてどうなったか…?

レビューをみてくださいね。

体によい食べ物は、健康で長生きに欠かせません。

もしあなたの猫がキャットフードを食べなくなったら、レビューを参考にしてキャットフードの切り替えを検討してください。

食事に気をつけて、猫と幸せな時間を過ごしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました