猫のオシッコが出ないのは危険信号!すぐに獣医師さんに診察を

猫の健康

猫が何度もトイレに行くのに、オシッコが少ししか出ないとか、数滴お湿り程度しか出ない。

その場合は病気の可能性があります。

猫は腎臓病や尿路結石など尿路の病気にかかりやすいです。

丸1日オシッコが出ていなければ危険です。

 

猫が尿毒症になる可能性も

膀胱にオシッコが溜まり、放置すると食欲が無くなり嘔吐を経て尿毒症になってしまいます。

尿毒症は猫が死んでしまう可能性があります。

また、オシッコが膀胱に限界以上にたまると、内臓や血管を圧迫して他の病気を引き起こす原因なります。

オス猫はメス猫に比べて尿道が狭いので、膀胱の中にできた結石が尿道で詰まってしまうことがあります。

これを尿道閉塞と言います。

この状態も危険ですので、早く獣医師さんに診てもらいましょう。

 

猫の膀胱を家でチェックする方法

猫が何回もトイレに行くのにオシッコが出ない時は、オシッコが膀胱に溜まっていないか手で触って確認します。

片手を猫のお腹にあてて、もう片方の手を背中に当てます。

そして猫のお腹を「軽く」押してあげます。

テニスボールのような硬い感覚があれば、それは膀胱が腫れている証拠です。

すぐに獣医師さんのところに連れていきましょう。

また、普段からトイレを清潔に保つことが、オシッコや膀胱関連の病気の予防になります。

 

赤いオシッコが出る時

赤いオシッコが出るのは、オシッコに血が混じっている証拠です。

病気以外にも、何か事故に遭っている可能性があります。

原因としては、

・膀胱からの出血でオシッコに血が混ざっている

・打撲や交通事故が原因で出血している

この2つが考えられます。

オシッコが赤い場合は放置しても絶対に良くなりませんので、至急動物病院に連れて行ってあげましょう。

 

おわりに

オシッコは猫の健康状態を手軽に確認出来ます。

オシッコは、猫の腎臓や肝臓の不調も関係しています。

オシッコに普段と違う異常がある場合は、腎臓や肝臓を悪くしているのかもしれません。

オシッコは猫の健康のバロメーターであり、毎日欠かさずチェックすることが猫の病気予防になります。

そしてもう1つ、猫の健康に欠かせないのが食べ物・キャットフードです。

私は猫の病気予防と長生きのために、キャットフードを変えました。

2017年3月から今日まで約1年間、新しく切り替えたキャットフードを食べる猫の様子を詳しくレビューしています。

体によい食べ物は、健康で長生きに欠かせません。

もし猫が健康で長生きできるキャットフードを探しているなら、レビューを参考にしてキャットフードの切り替えを検討してください。

食事に気をつけて、猫と幸せな時間を過ごしましょう。

コメント