猫の不妊手術を生後1年以内に必ずやっておくべき4つのメリット

猫の健康

猫の不妊手術は強制ではありません。

飼い主さんが猫の発情中の行動が気にならなければ手術させなくてもかまいません。

ですが、出産させる予定がないなら不妊手術を受けた方が良いです。

不妊手術を受けると、生殖器の病気を予防できたり性格が穏やかになるなどメリットが多いです。

デメリットとしては、運動量が減って太りやすくなることです。

今回は、猫の不妊手術について詳しく紹介していきます。

 

猫の不妊手術はメリットが大きい

猫は年に数回、発情期を迎えます。

その間、大きな声で鳴いたり、あちこちにスプレー(マーキングのためのおしっこ)をします。

オス同士が出会うとメスを奪い合うために激しいケンカをします。

そして交尾するとほぼ100%妊娠します。

発情期中、こうした行動で猫は体力を消耗します。

ケンカで傷ついたり、それが原因で伝染病にかかります。

普段と違うホルモンが出るため、気持ちが安定しません。

一緒に暮らす飼い主さんは、このような猫の不安定な行動に耐えられないと思うこともあるでしょう。

発情期のせいで猫が嫌いになっては意味がありません。

このような理由から、猫には強く不妊手術をオススメします。

以下、不妊手術のメリット・デメリットをまとめました。

 

不妊手術のメリット

・生殖器の病気のリスクを減らす

・発情期による猫の体への負担を減らす

・マーキングや大声で鳴くなど、発情期の問題行動を減らす

・性格が穏やかになる

 

不妊手術のデメリット

運動量が減り、結果太りやすくなり肥満になる

 

不妊手術によって予防できる病気

メスの猫なら、乳ガン子宮蓄膿症を予防します。

オスなら、前立腺肥大など生殖器の病気を予防できます。

また、発情期のオスはメスをめぐって他のオスとケンカして、その時受けた傷から伝染病にかかることがあるので、このような危険も回避できます。

 

猫の不妊手術に危険はない

不妊手術では、オスは睾丸、メスは卵巣と子宮を摘出します。

手術前に血液検査などで健康状態をしっかり確認しておけば、まず失敗することはありません。

手術を受ける時期は、生後6ヶ月~1歳くらいがベストです。

それ以外の時期はデメリットがあります。

獣医さんと相談して、手術の時期を決めましょう。

 

不妊手術を受ける時期

生後6ヶ月までの子猫の不妊手術

体力が少ないので、手術の負担が大きいです。

この時期に不妊手術を受けると、その後の成長に影響が出る恐れもあります。

 

生後6ヶ月~1歳の子猫の不妊手術

この時期が猫の不妊手術の最適なタイミングです。

体が成長し体力が十分ある時期なので、手術の負担に耐えられます。

発情期を迎える前だと、発情期特有の行動つまりオシッコによるマーキングや大声で鳴くなどの行動を見ること無く成長することができます。

この時期に不妊手術を受けた猫は、生殖器系の病気の発症確率が一番低くなります。

 

成猫1歳~7歳の不妊手術

体力は十分ですが、発情期を迎えたあとなので、不妊手術をした後に、マーキングや大声で鳴く行動が続く場合があります。

 

7歳以上の老猫の不妊手術

体力が下がっているので手術の負担が大きいです。

もし生殖器系の病気が疑われるのなら、手術をするメリットはあります。

 

不妊手術後、異性に興味は?

メスは興味をなくしますが、一度発情期を迎えたオスは、不妊手術をした後でも、発情したメスのにおいや鳴き声に反応します。

マーキングやマウンティング(猫の上に乗る)も見られます。

 

不妊手術の後は食事に気をつける

不妊手術の後、1週間程度で抜歯してその後3~4日経過すれば、皮膚の傷は見えなくなります。

毛が生えてくれば、毛をかき分けないと分からないくらい目立たなくなります。

小さな傷しか残りませんから、猫の外観には全く影響ないと言えます。

そして不妊手術後、猫の健康に欠かせないのが食べ物・キャットフードです。

私は猫の病気予防と長生きのために、キャットフードを変えました。

2017年3月から今日まで約1年間、新しく切り替えたキャットフードを食べる猫の様子を詳しくレビューしています。

体によい食べ物は、健康で長生きに欠かせません。

もし猫が健康で長生きできるキャットフードを探しているなら、レビューを参考にしてキャットフードの切り替えを検討してください。

食事に気をつけて、猫と幸せな時間を過ごしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました