猫のうんちが出ない時の対処方法と簡単に出来る便秘解消法

猫の健康

猫がうんちの姿勢をとって力んでいるのに、中々うんちが出ない。

もう何日も猫のトイレの掃除の時に、うんちを取り除いていない。

こんな時、飼い主さんは不安になります。

しかし、猫は便秘になりやすい動物です。

1日出ない程度なら全く問題ありません。

2日以上出ない状況が続くなら、処置が必要です。

食生活を変えると便秘が治るケースが多いので、普段の食生活でケアしてあげましょう。

それでも便秘が続き、3日以上便秘が続くようなら、獣医師さんに相談してください。

便秘の原因は、泌尿器や生殖器の病気などです。

場合によっては薬では治すことができず、外科手術になることもありますので注意しましょう。

 

うんちが出ても少量で硬いうんちの場合の対処法

便秘気味でうんちが硬い猫には、まず食物繊維を多く含むキャットフードや便通改善のサプリメントを与えて様子を見ましょう。

食物繊維が多いフードに切り替えをすると、便秘改善につながります。

ドライフード、カリカリを食べさせている猫には、食事のそばにお水を飲めるようにしてあげて、食べると同時に水を多めに飲める環境を用意してあげましょう。

猫は放っておくと水を飲みません。

便秘気味の猫には特に水をたくさん飲めるようにしておいてください。

 

シニア猫のうんちが出ない場合

シニア猫の場合、老化で腸の働きが弱って、便秘をしていることがあります。

シニア猫は1日中寝ていることも多いので、腸が活発に動かないことが多いです。

便秘の時に限っての話ですが、フードにサラダオイルやバターをスプーン1杯だけ混ぜてあげます。

そうすると、うんちが出やすくなることがあります。

しかしサラダオイルやバターをあげすぎるのは危険です。

とりあえず便秘が収まったら、キャットフードの切り替えや食事の改善を検討してください。

 

猫のうんちの状態を毎日記録するメリット

猫が便秘かどうか判断するには、日々のうんちの観察が欠かせません。

1日出ないだけで心配する飼い主さんも少なくありません。

愛猫のうんちの出るパターンを覚えておけば、猫に異常があるかどうか正確に判断ができます。

1日出ないことはよくあります。

しかし2日以上うんちが出ない場合は注意しましょう。

トイレ掃除のときに、簡単で良いので猫のうんちの状態を記録しておくといざという時に冷静に対処できます。

私はSNSで記録しています。

 

猫の便秘解消にはキャットフードの切り替えを

そしてもう1つ、猫の健康に欠かせないのが食べ物・キャットフードです。

私は猫の便秘解消のために、キャットフードを変えました。

2017年3月から今日まで約1年間、新しく切り替えたキャットフードを食べる猫の様子を詳しくレビューしています。

体によい食べ物は、健康で長生きに欠かせません。

もし猫が便秘ぎみなら、レビューを参考にしてキャットフードの切り替えを検討してください。

食事に気をつけて、猫と幸せな時間を過ごしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました