キャットフードの添加物が猫の下痢の原因だと明確に言える理由とは?

キャットフード

ネコ吉
下痢でお腹の調子が悪いニャ…。

ニャンコ先生
キャットフードの添加物が原因かもしれないね。

ネコ吉
食べ物のせいニャのか…。

ニャンコ先生
そうだね。今日は添加物と下痢の関係についてお話しして行こう。

 

添加物が猫の下痢を引き起こす仕組み

ニャンコ先生
今日も下痢みたいだね。

ネコ吉
そうニャ…。

ニャンコ先生
キャットフードに添加物が入ってるね。

ネコ吉
添加物が入ってると下痢をするの?

ニャンコ先生
添加物は腸内の悪玉菌を増やして下痢の原因になるのじゃよ。

 

猫の慢性的な下痢は、キャットフードの添加物に原因がある可能性が高いです。キャットフードには、

猫の食いつきを良くするための匂いをつける香料

キャットフードに緑や赤など色を付ける着色料

キャットフードを1年以上常温で保存できる酸化防止剤

この様な人工の添加物が使われています。

自然に存在しない人間が人工的に作り出したものなので、猫の体に入ると腸内環境を悪化させます。

猫の腸内には善玉菌と悪玉菌が生きています。

善玉菌の割合が多いと猫のお腹の調子は良いのですが、悪玉菌が増えると下痢になります。

この悪玉菌を増やすのが添加物です。

動物病院で下痢の時にビフィズス菌を処方されることがありますが、これは善玉菌を増やして下痢を治そうとしているのです。

人間がヨーグルトを食べるのと似ています。  

 

添加物の中で下痢の原因になりやすい酸化防止剤

ネコ吉
ニャンコ先生、キャットフードに見慣れないものが入ってるんだけど…。

ニャンコ先生
これは酸化防止剤だね。

ネコ吉
下痢の原因はこれかニャ?

ニャンコ先生
下痢の原因になるし、結石や腎不全を引き起こすものじゃよ。

ネコ吉
こんな怖いものを食べてたのニャ…。

 

キャットフードの添加物の中でも一番危険なのが、BHAやBHTに代表される人工の酸化防止剤です。

酸化防止剤には発がん性物質が含まれていて、腸内環境をひどく悪化させます。

猫の下痢だけでなく、便秘や嘔吐・尿路結石や腎不全を引き起こす原因にもなります。

危険な酸化防止剤について表にまとめてあるので参考にしてください。

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)
用途酸化防止剤
毒性発がん性。環境ホルモンの疑いあり。
BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)
用途酸化防止剤
毒性発がん性、変異原性、催奇形性
エトキシキン
用途酸化防止剤、ビタミン・ミネラルの安定化
毒性発がん性、アレルギー性皮膚炎や目と皮膚に炎症を起こす。
プロピレングリコール
用途保存料、湿潤剤、甘味料
毒性硬い便をする、腸の障害を起こすなど。急性の毒性は無い。
ソルビン酸
用途防腐剤、保存料
毒性(亜硫酸と結びつくと)発がん性、成長抑制、肝臓・腎臓・精巣の重量減など。

※環境ホルモン→体内の正常なホルモンの働きを壊す。 ※変異原性→科学物質がDNAや染色体に損傷を与える。 ※催奇形性→胎児に奇形が発生する。

【参考】

安全で無害な天然の酸化防止剤とは?

 

なぜ猫が下痢をするのにキャットフードに添加物を使うの?

ネコ吉
なぜ下痢をするのに添加物を使うの?

ニャンコ先生
添加物を使わないとキャットフードがすぐに傷んでしまうのじゃ。

ニャンコ先生
すぐに傷んでしまう粗悪な材料だから、香料を使わないと猫が食べてくれないのじゃ。

ネコ吉
美味しく食べられたけど、嘘ニャのか!

ネコ吉
でもご主人様が買ってきてくれたんだから仕方ないよね。

ニャンコ先生
ネコ吉のご主人様なら、正しい判断をしてくれるはずじゃ。

 

キャットフードは値段を抑えるために、質が悪くて安い肉を使っています。

肉そのものの品質が悪いので保存が効きません。

そのため強力な酸化防止剤で常温保存しています。

また肉の品質が悪いため、猫が警戒して食いつきが悪くなるのですが、添加物の香料で強引に食いつきを良くしています。

さらに着色料でカリカリに緑や赤の色をつけて、人間の目から美味しそうに見えるようにしています。

ホームセンターで売られているキャットフードは、添加物なしでは成立しないほど依存しているのです。

 

猫が下痢をしない添加物無しのキャットフードとは?

ネコ吉
下痢が怖いから添加物なしのキャットフードにしたいんだけど…。

ニャンコ先生
それならまず材料の肉質を確認するのじゃ。

ニャンコ先生
こんな表示があるものは選んではダメじゃ。

ニャンコ先生
ビーフミール、ミートミール、ポークミール、チキンエキス、チキンパウダー、肉副産物、家禽ミール、動物性油脂

ニャンコ先生
次に香料や着色料と書かれてるものもダメじゃ。

ネコ吉
わかった♪ご主人様にお願いしてくるね。

 

キャットフードに添加物が使われていないことを判断するには、成分表示を確認しましょう。

まず着色料や香料の表示がないこと。

次に肉や魚の材料を確認します。

質の悪い材料の代表として

「ビーフミール、ミートミール、ポークミール、チキンエキス、チキンパウダー、肉副産物、家禽ミール、動物性油脂」

上記の表示がないことを確認しましょう。

危険な添加物の代表である人工の酸化防止剤を使うのは、質の悪くて傷みやすい肉や魚を材料にしているからです。

逆に何の肉や魚を使っているかはっきり分かる場合は、添加物が使われていないので安全です。

 

猫の下痢が治らないなら添加物不使用のキャットフードがおすすめ

いかがでしたか?

添加物は猫の腸内環境を悪くして悪玉菌を増やして、慢性的な下痢の原因になります。

猫が下痢で苦しんでいる場合は、添加物なしのキャットフードを選んであげてください。

私は猫の下痢改善のために、キャットフードを変えました。

2017年3月から今日まで約1年間、新しく切り替えたキャットフードを食べる猫の様子を詳しくレビューしています。

体によい食べ物は、健康で長生きに欠かせません。

もし猫が健康で長生きできるキャットフードを探しているなら、レビューを参考にしてキャットフードの切り替えを検討してください。

食事に気をつけて、猫と幸せな時間を過ごしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました