グレインフリーのキャットフードをおすすめする理由は猫が肉食だから

キャットフード

キャットフードを選ぶ時に、フードによって安いものもあれば高いものもあります。

高いキャットフードは品質が良く、安いものはそれなりの品質である思って間違いはありませんが、1つポイントになるのが「穀物」を使っているかどうかです。

猫は完全な肉食でタンパク質を一番必要としています。

逆にトウモロコシなど穀物を食べなくても、生きていけます。

猫に不要な穀物を全く使っていないキャットフードを「グレインフリー」と言います。

グレインフリーは市販のキャットフードのメインの食材である穀物を全く使わない代わりに、鶏肉や魚などタンパク質を多く含んでいます。

猫はタンパク質や脂肪の消化が得意なので、肉や魚が多い方が体の負担は軽いです。

逆に猫は穀物の消化を大の苦手にしているので、穀物は猫の内臓に大きな負担をかけます。

グレインフリーのキャットフードは、

・猫に必要なタンパク質が多い

・同じく脂肪が多い

・苦手な穀物がゼロ

大きく3つのメリットがあります。

グレインフリーのキャットフードを選ぶことで、猫が野生で生きて自然に食べていた頃の食事を再現できます。

しかし安い穀物を無くして、代わりにタンパク質を多く含んでいるので結果値段は高くなります。

今回は、グレインフリーのキャットフードがなぜ猫におすすめなのか、その理由を詳しく書いていきます。

 

グレインフリー(穀物不使用)とは?

猫は体の構造上、穀物の消化が非常に苦手です。

実は猫は草や穀物を主食とする牛と比べて、消化器が五分の一しかありません。

猫の消化器や内臓に負担をかけないよう、穀物が一切含まれていないフードをグレインフリーと言います。

グレイン=穀物のことで、フリー=入っていない、と言う意味です。

アルコールフリーやオイルフリーと同じ表現の仕方です。

もしあなたの大切な家族の一員である猫の健康を考えるなら、多少高価であっても、穀物が少ないフード・もしくは全く穀物を含まないグレインフリーのフードを選ぶことを最優先すべきです。

 

猫は完全な肉食でタンパク質が必須

猫の食事で一番重要なのは、猫が「肉食」だと理解することです。

猫がねずみを追いかけるのは、食事のための「狩り」をするためです。

同じネコ科の動物である、トラやライオン・ヒョウが、草ばかり食べていませんよね?

猫の主食は肉や魚で、肉や魚に含まれるタンパク質が筋肉や皮、骨や爪になります。

タンパク質が猫の体を作る成分である一方で、穀物は猫の体になるものは入っていませんん。

タンパク質と同じく、猫はたくさんの脂肪も必要とします。

猫はタンパク質や脂肪の消化が得意なので、成長期の猫はタンパク質や脂肪が多いキャットフードの方が良いです。

シニア猫になると代謝が落ちてくるので、比較的低脂肪のフードが良いです。

人間だと肉の食べ過ぎは体調不良になりやすいイメージがありますが、「肉」に含まれるタンパク質や脂肪は猫が消化が得意なので、体に吸収しきれず贅肉になりません。

むしろ穀物の方が、猫が消化を苦手にしている分、吸収しきれず贅肉の原因になります。

 

市販のキャットフードには穀物が多い

これは、私が以前猫に食べさせていたキャットフードの成分表です。

さっき書いたように猫の主食は肉のはずなのに、市販のキャットフードに一番多く含まれるのが「穀物」です。

ホームセンターで売られている安いキャットフードには、必ず「穀物」が表示されています。

穀物とは、トウモロコシや小麦・大豆のことです。

繰り返しになりますが、猫に穀物は不要です。

市販のキャットフードには、なぜ猫に不要な穀物が多いのでしょう?

理由は、肉を大量に使うとフードの価格が高くなるため、安い穀物を使えば値段を下げることが出来て、更に量のかさ増しが出来るからです。

さらに、キャットフードのコストダウンのために、4Dミートやミートミール、動物性油脂と呼ばれる質の悪いお肉や保存期間を伸ばしたり猫の食いつきを強引に良くすために人工添加物が使われているケースもあります。

肉や魚を使わないから単純に安いわけではなく、低品質の肉を使い人工添加物を多用し大量生産することで1個あたりのコストを削減し、結果ホームセンターなどで低価格のキャットフードが売られることになっているのです。

【参考】

 

 

グレインフリーを手作りご飯で再現してみる

ここで、猫に最適で体に優しいグレインフリーなご飯を人間の食べ物の材料で再現してみます。

・鶏もも肉とキャベツごはん

材料

鶏もも肉→45グラム

キャベツ(みじん切りよりも細かく切ったもの)→小さじ1

卵殻パウダー→小さじ1/7

作り方

①鶏もも肉は皮を付けたまま1口大(焼き鳥1~3個文分の大きさ)に切る

②鶏もも肉にキャベツと卵殻パウダーを加えて混ぜる

ポイント

野菜を刻むときは、みじん切りよりもさらに細かく刻むこと。

キャベツの代わりにセロリやレタス、白菜や青じそを使ってもOK。

ただ、ひとり暮らしで料理をしない人や食材が余らない場合は、手作りは難しいかもしれません。

 

穀物の少ないキャットフードを選ぶポイント

手作りのフードは、飼い主側が材料を完全に把握出来るので、猫に悪いものを食べさせる危険が無くなる一方、飼い主さんの負担が大きいです。

多少高価になったとしても、グレインフリーのキャットフードを選ぶことをおすすめします。

グレインフリーのキャットフードを選ぶためには、まず成分表示を確認しましょう。

キャットフードに含まれる成分は、含まれる量が多い順に書くルールがあります。

よって、一番最初に穀物とか穀類と書かれていないキャットフードを選びます。

チキンやお魚が、一番最初に書かれているものを選ぶのがベターです。

「グレインフリー」と書かれていなくても、成分を見て穀物が一番多い成分で無ければ猫の負担は減ります。

高価で金銭的な負担が大きい場合は、グレインフリーまで行かなくても、極力肉や魚の割合の多いキャットフードを選びましょう。

 

おわりに

ちなみに、私が猫に食べさせているのがモグニャンです。

モグニャンはグレインフリーであり、白身魚が63%で成分の半分以上を占めています。

モグニャンの前に食べさせていたキャットフードがカナガンで、カナガンは鶏肉がメインで高脂肪な分、子猫や成猫向けのグレインフリーのキャットフードです。

グレインフリーのキャットフードを選択することで、即猫の消化器や内臓への負担をものすごく軽くすることが出来ます。

私の愛猫のみーこは今18歳ですが、モグニャンに変えたことで毛艶が復活して以前より明らかに元気になりました。

本来猫に必要なタンパク質メインの食事に変わったことで、シニア猫であっても新しい筋肉に作り変えられて、たくさんの毛が新しく生え変わりました。

高齢で代謝が落ちてきている猫だからこそ、グレインフリーのキャットフードにするメリットは計り知れないです。

2017年3月から今日まで約1年間、モグニャンを食べた猫の様子を詳しくレビューしています。

もしあなたがグレインフリーのキャットフードを検討していたら、ぜひレビューを参考にしてくださいね。

食事に気をつけて、猫と幸せな時間を過ごしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました