シニア猫におすすめのグレインフリーのキャットフードはコレ

キャットフード

シニア猫は内臓の働きが弱くなってきます。

だから負担の大きい穀物が入っていない、グレーフリーのキャットフードに変えてあげた方がよいです。

ただしグレインフリーは穀物が減ってタンパク質が増えるので、腎臓にかかる負担は増えます。

シニア猫にグレインフリーのキャットフードを与えるなら、肉がメインではなく魚メインのキャットフードを食べさせてあげましょう。

タンパク質による腎臓への負担を減らすことができますから。

このブログでは、

・実際に18歳のシニア猫にグレインフリーを与えた変化

・シニア猫にグレインフリーがよい理由

・穀物が猫に与える影響

・キャットフードに穀物を使うのか?

・グレインフリーのデメリット

ついて詳しく紹介していきますね。

 

シニア猫にグレインフリーのキャットフードを与えてよかったこと

わたしの愛猫は18歳です。

実際にシニア猫にグレインフリーのキャットフードを与えて改善したことを紹介します。

 

消化しやすく猫の負担が大きく減った

グレインフリーのキャットフードに変えて猫の胃腸にかかる負担が大きく減りました。

そして健康状態が大きく改善したのです。

その大きな変化は、

・猫が吐かなくなった

・下痢や便秘にならなくなった

この2つです。

グレインフリーのキャットフードに変える前は、1週間に1回程度は原型を残した残したカリカリを吐いていました。

しかし今は全く吐かなくなって安心しています。

そしてもう1点はお通じの改善。

グレインフリーに変える前は1ヶ月に1回は、トイレがベトベトになるウンチをしていました。

3~4日、ウンチが全く出ないことも。

今は毎日ウンチが出ますし、1年間下痢は全くありません。

個人的に、グレインフリーが便秘の改善になったという情報がないと思ったので、ここでハッキリと書いておきます。

実際人1年間ウンチの状態を記録した記事です。

毎日モグニャンだけを食べるシニア猫のうんちとオシッコを毎日記録中!
毎日モグニャンと水だけで過ごす17歳の老猫のうんちとオシッコを、Twitterで記録しています。 毎朝7時にトイレの掃除と一緒に写真を撮っています。 Tweets by nyanco_toilet 7月31日以前...

 

シニア猫のウンチが臭わなくなった

グレインフリーのキャットフードは、消化に悪い穀物がなくなり、代わりに消化・吸収が楽なたんぱく質が増えるので腸に負担がかかりません。

そのため、ウンチの悪臭が減りました。

トイレ掃除がすごく楽です。

 

グレインフリーでシニア猫の毛艶が改善

内蔵への負担が減って体によい成分をたくさん吸収したことで、見た目が大きく変わりました。

 

シニア猫がしっかり食事するように

グレインフリーのキャットフードに変えると、待ちかねたように食べるようになりました。

高齢猫になると食欲不振になりがち。

そのため本当は体に悪いから食べさせたくないウェットやおやつに依存します。

しかし今ではウェットとおやつを完全にやめることができました。

グレインフリーのキャットフードを食べる様子は、毎日記録しています。

 

人間の食べ物を盗み食いしなくなった

グレインフリーに変える前は、テーブル上の食事を叩き落として盗み食いしていました。

魚にとどまらず、コンビニで買ってきた肉じゃがや野菜を煮たものなど何でも、叩き落として盗み食いです。

しかも高齢だから食欲自体はそれほどありません。

だから落とした料理をちょっと食べたら、あとは放置。

グレインフリーのキャットフードでシニア猫の悪さが収まりました。

 

→シニア猫向けグレインフリーの公式ページに行く

 

グレインフリーがシニア猫の長生きや健康によい影響を与える理由

グレインフリーのキャットフードがシニア猫の健康になぜよいのか?

消化に悪い穀物を使っていないこと以外にも、グレインフリーがよい理由がいくつかあります。

くわしく調べてみました。

 

血糖値の上げすぎによるシニア猫の糖尿病を予防

穀物には糖質が含まれています。

ですから、穀物のキャットフードを食べるのはコンビニのケーキをたくさん食べるのと同じです。

人間は大量の糖質を取るとすい臓が働いて血糖値が上がるの防ぎます。

しかし猫は、すい臓が極端に小さいため血糖値の上昇を抑えられません。

シニア猫だとますますすい臓の働きは弱くなっています。

このような食事を続けていれば、猫の血糖値が上がって糖尿病になることに。

グレインフリーのキャットフードを選ぶことはシニア猫の糖尿病の予防になります。

 

シニア猫の糖質を制限することで尿結石も予防

猫が糖質を摂って血糖値が上がることは尿路結石の原因にもなります。

ただでさえシニア猫は加齢で結石になりやすいです。

だから、グレインフリーのキャットフードはシニア猫の結石予防にもなるのです。

 

シニア猫の穀物アレルギーや皮膚病を予防

穀物の中には、グルテンというものが含まれていて、猫のアレルギーを引き起こします。

シニア猫は皮膚病になることが多いですが、アレルギーが原因であることが多いです。

グルテンフリーのキャットフードにすれば、アレルギーの予防になり結果皮膚病の予防にもなります。

 

グレインフリーとグルテンフリーの意味の違い

グレインフリーについて調べていると、「グルテンフリー」という言葉も見ます。

グルテンとは穀物の胚乳(ひにゅう)から生成されるタンパク質の一種です。

※胚乳とは穀物の栄養が保管されている場所のこと。

胚乳から作られるタンパク質で有名なのが、パンやパスタでおなじみの小麦・大麦・ライ麦などです。

グルテンフリーは小麦粉不使用のキャットフードと言い換えることができます。

ですから、グルテンも穀物の一種といえます。

グルテンは人体に悪影響を及ぼす物質です。

特に有名なのが「セリアック病(グルテン腸症)」です。

セリアック病とは、体内に入ったグルテンが小腸を傷つけて栄養素を吸収できなくなり、食事の量にかかわらず栄養失調の状態に陥ってしまう自己免疫疾患です。

ですからグルテンフリーのキャットフードは、グレインフリー以上に猫の健康に配慮した食事と言えます。

ちなみにグルテンはアレルギー誘引物質のトップテンの中に入っています。

猫の穀物アレルギーが増えているのは、グルテンの影響です。

グレインフリー、グルテンフリーのキャットフードを食べさせてあげることは、アレルギー予防にも繋がります。

結果的に皮膚病の予防にもなるのです。

 

→シニア猫向けグレインフリーの公式ページに行く

 

穀物入りキャットフードが猫に与える影響

穀物は食物繊維が豊富です。

食物繊維はお通じを良くするので、便秘予防になります。

しかし穀物は猫にとってメリットよりもデメリットの方が大きいのです。

 

穀物で猫が消化不良を起こす

猫は穀物の消化が苦手です。

肉や魚などのタンパク質の消化は得意で、短時間で吸収することができます。

(だからグレインフリーのキャットフードはお腹が減りやすい)

猫はキャットフードを丸呑みするので、お腹の中に大量の穀物が短時間に入ってくることに。

しかし穀物は、時間をかけて消化しないときちんと処理できません。

そうなると穀物の一部は消化できず、消化不良を起こします。

穀物が猫の下痢の原因になりやすいのはこのような理由です。

 

穀物はアレルギーの原因に

消化不良になる穀物の食事を続けていると、腸内環境が荒れてきます。

そして腸内細菌のバランスが崩れます。

腸内細菌のバランスが崩れて腸が本来の働きをしなくなると、本当は吸収しないはずの悪い物質や成分が猫の血液の中に入ってしまいます。

猫の腸が元気なら、栄養素を効果的に吸収して異物が体内を駆け巡らないように防御してくれるのですが…。

これが、猫がアレルギーになる仕組みです。

 

そもそも猫の食事に穀物は必要なの?

猫は完全な肉食動物です。

野生の猫は狩りをして食事をします。

草や木の実を食べて生活しません。

ですから、猫の食事に本来穀物は必要ありません。

穀物が入っていない、肉などタンパク質がメインのグレインフリーのキャットフードの方が猫の自然な食生活と言えます。

 

なぜキャットフードに穀物を使うの?

猫が苦手な穀物をキャットフードに使うのは、コストダウンとかさ増しのため。

とうもろこしや小麦などの穀物は、とても安く手に入ります。

穀物を安く大量に調達して、キャットフードの大きさや重さを増やしているのです。

穀物を使う理由は「かさまし」。

それ以外に穀物を使うメリットはありません。

 

→シニア猫向けグレインフリーの公式ページに行く

 

シニア猫の食事をグレインフリーのキャットフードに切り替える際の注意点

シニア猫の健康と長生きのためにグレインフリーのキャットフードに切り替えることはとてもよいこと。

しかし猫は警戒心が強い生き物です。

いきなり全部をグレインフリーに切り替えると、怖がって食べない時があります。

それに、今まで与えていたキャットフードが強い香料を使っている場合。

元の食事の刺激が強くてグレインフリーを食べてくれないこともあります。

そこでオススメなのが、今までのキャットフードとグレインフリーを混ぜて少しずつグレインフリーの割合を増やして行く方法です。

1週間ほどかけて、ゆっくりと切り替えて行くのが良いですよ。

1~2日目3日目4日目5~6日目7日目

 

グレインフリーのキャットフードのデメリット

1年間グレインフリーのキャットフードを続けてみましたが…

いいことばかりではありませんでした。

1年試して感じたグレインフリーのデメリットも紹介します。

 

グレインフリーは腹持ちが良くない

グレインフリーのキャットフードは猫が楽に消化できるので、腹持ちが良くありません。

グレインフリーは完食することが多いので器が空っぽになって、ご飯をおねだりすることも。

そうなると食べ過ぎになりがちです。

自動給餌器等を使って食事の量をしっかり管理してあげましょう。

自動給餌器による食事の管理の様子

 

グレインフリーは価格が高い

2キロで1000円以下のキャットフードがある一方で、グレインフリーのキャットフードは数千円するものがほとんどです。

 

グレインフリーのキャットフードが高い理由

一般的に売られているキャットフードの成分のほとんどは穀物です。

グレインフリーは穀物の代わりに肉や魚などタンパク質をふんだんに使います

穀物より高い肉や魚を多く含むので、グレインフリーは高価になります。

 

腎臓病のシニア猫にグレインフリーを与える場合は注意を

猫は、肉や魚などタンパク質を腎臓で処理します。

グレインフリーのキャットフードはタンパク質の割合が多いので、腎臓にかかる負担が増えます。

シニア猫にグレインフリーのキャットフードを与える場合は、

・肉ではなく魚メインのタンパク質控えめなキャットフードにする

・品質の高いタンパク質を与えて腎臓の負担を減らしてあげる

上記のようなキャットフードを食べさせてあげましょう。

 

グレインフリーに変えるとウンチが臭わなくなるけど…

グレインフリーに変えて2ヶ月ほど経ったとき、ふとトイレが臭くないことに気づきました。

グレインフリーは猫が消化しやすく胃腸に負担がかからなくなるので、ウンチからきつい臭いがしなくなります。

ただ、困ったこともありまして。

稀に、お尻にウンチをくっつけたままの猫がそのままリビングにやってきて、ウンチをポトリと落とすことがあります。

その時、臭いがしないため発見が遅れたり踏んづけたことも。

以前は臭いがあったのでスグに発見できましたが、グレインフリーに変えたことで思わぬデメリットがありました。

 

→シニア猫向けグレインフリーの公式ページに行く

 

グレインフリーのキャットフードについて疑問あれこれ

グレインフリーのキャットフードについて、当ブログに寄せられた疑問に答えてみました。

 

グレインフリーが合わない猫はいる?

グレインフリーは何か特別な成分が入っているキャットフードではありません。

単に穀物不使用にしているだけなので、猫に合う合わないはありません。

 

グレインフリーだけで猫の体調は維持可能?

グレインフリーのキャットフードには、猫が最も必要とするタンパク質とその他必要な成分が十分に含まれています。

グレインフリーのキャットフードと水だけで、猫は十分に生きていくことができます。

 

グレインフリーでカロリー控えめはある?

グレインフリーは穀物の割合が減って、その分タンパク質が多くなるのでカロリーが高めになります。

シニア猫にはタンパク質が多すぎじゃないか?不安になる飼い主さんも多いです。

しかし魚をメインにしたグレインフリーのキャットフードもあって、カロリー控えめなものもあります。

【参考】

魚メインのグレインフリーキャットフード

【日本一詳しい】モグニャンを猫に1年間食べさせたレビュー【2018年最新】
1年間猫がモグニャンを食べて起こった、外見や体調の変化を写真付きで解説。モグニャンの成分についても独自の調査で情報をまとめてメリットデメリット両方を書きました。

 

グレインフリーのお試しサンプルはないの?

シニア猫がよく吐くので、 グレインフリーのキャットフードを試したい。

だから小分けの袋が欲しい。

そんな飼い主さんにピッタリの小分けにされたグレインフリーのサンプルを入手できます。

【2019年最新】モグニャンの100円モニターでサンプルを取り寄せる方法
このブログではモグニャンのサンプルを100円で取り寄せる方法を紹介しています。100円モニター参加のリンクあり。1980円でモグニャンが買える「特典付き仮予約」を使うのが一番オトク。

 

グレインフリーは尿路結石にも効果があるの?

ペーハーコントロールできてストルバイト結石を予防できるキャットフードが欲しい場合。

ストルバイト結石など尿路結石は、血中に糖質が溶け出すことが原因のひとつです。

グレインフリーのキャットフードによって猫が無駄な糖質を摂らなくなるので、尿路結石の予防になります。

 

グレインフリーのキャットフードはオーガニックなの?

グレインフリーのキャットフードが全てオーガニックとは限りませんが、グレインフリーは全体的に品質が高い傾向にあります。

 

シニア猫の健康と長生きのためにグレインフリーのキャットフードを

※写真はグレインフリーのキャットフードを毎日食べる18歳の愛猫みーこちゃん。

ここまで、グレインフリーのキャットフードがシニア猫によい理由を書きました。

体力や内臓の働きが落ちてくるシニア猫にとって、さまざまな負担が減るグレインフリーのキャットフードは最適な食事と言えるでしょう。

実際に私が飼っているシニア猫の食事をグレインフリーに変えたことで、以前よりとても元気になりました!

私が食べさせているグレインフリーのキャットフードについて、1年間にわたって詳しいレビューをしています。

穀物完全不使用以外にもたくさんのメリットがあるので、ぜひ参考にしてくださいね。

※2018年8月追記

私の18歳の毎日食べているグレインフリーのキャットフードが、このブログの紹介のみ50%OFFで買えるようになりました。

 

【日本一詳しい】モグニャンを猫に1年間食べさせたレビュー【2018年最新】
1年間猫がモグニャンを食べて起こった、外見や体調の変化を写真付きで解説。モグニャンの成分についても独自の調査で情報をまとめてメリットデメリット両方を書きました。

 

【参考】グレインフリーのキャットフードを子猫にあげても大丈夫?

グレインフリーは猫が消化を苦手とする穀物が入っていないので、消化器が未発達な子猫にとっても最適なキャットフードです。

お腹がゆるい子猫なら、ぜひグレインフリーのキャットフードを食べさせてあげてください。

小さい頃から健康によい食事を続ければ、きっと健康で長生きしてくれます。

病気にかかりにくくなるので、動物病院に連れて行くこともまれになるでしょう。

【日本一詳しい】モグニャンを猫に1年間食べさせたレビュー【2018年最新】
1年間猫がモグニャンを食べて起こった、外見や体調の変化を写真付きで解説。モグニャンの成分についても独自の調査で情報をまとめてメリットデメリット両方を書きました。

 

コメント