ミックストコフェロールがキャットフードに入っていて猫に危険はないの?

キャットフード

キャットフードのミックストコフェロールとは、キャットフードが腐らないための保存剤です。

天然の酸化防止剤と呼ばれます。

ミックストコフェロールが無いと、キャットフードが腐って傷んでしまいます。

一方で、猫に無害な成分です。

 

ミックストコフェロールとは?

ミックストコフェロールは、天然の酸化防止剤でキャットフードが腐るのを防いでくれます。

酸化防止剤と聞くと危ない感じがしますが、キャットフードに酸化防止剤が入っていないとキャットフードが傷みます。

キャットフードの傷みは、単に肉や魚が腐るよりもはるかに猫に悪い影響を与えます。

ですから、酸化防止剤のミックストコフェロールはキャットフードに欠かせないのです。

 

ミックストコフェロールの安全性は?

ミックストコフェロールの成分はビタミンCやビタミンEです。

過剰な摂取をしなければ健康被害はありません。

キャットフードに含まれている程度の量であれば問題ないでしょう。

 

ミックストコフェロールを使わないと逆に危険

キャットフードに含まれる油脂類が酸化すると、猫の肝臓にとてつもないダメージを与えてしまいます。

キャットフードの中には、酸化防止剤が入っていない・無添加だから猫の健康に配慮していると宣伝しているものがあります。

ですが、キャットフードに酸化防止剤が入っていないことは猫の生死に関わります。

無添加と言う言葉が全ての猫に優しいわけではありません。

 

ミックストコフェロールの原料

ミックストコフェロールの原料は、ビタミンCとビタミンEです。

ビタミンCとビタミンEは、他の物質と結びつくことで酸化防止剤に変化します。

つまりキャットフードの成分とミックストコフェロールが結びついてキャットフード自身を守ってくれるわけなんですね。

女性が使う化粧品の中には、必ずビタミンCとビタミンEが含まれています。

化粧品のビタミンCとビタミンEは、皮膚に栄養を与えるために含まれているのではなく、あくまでも酸化防止剤としての役目を果たしています。

肉の油など油脂成分を含んだキャットフードは、必ずビタミンCで油脂の酸化を防ぎます。

しかし、ビタミンC自体も空気に触れると酸化してしまいます。

そこでビタミンCの酸化を防ぐためにビタミンEを同時に入れています。

ミックストコフェロールは、このようなビタミンの働きでキャットフードが傷むのを防いでいるのです。

 

ミックストコフェロールを使ったキャットフードを1年間続けた詳しくレビューを書きました!

参考にしてくださいね。

 

キャットフードのローズマリー抽出物とは?

ミックストコフェロールと同じ働きをするものとして、ローズマリー抽出物があります。

ハーブの一種であるローズマリーから作られるローズマリー抽出物は、酸化防止剤の一種です。

ローズマリー抽出物は熱に強く匂いもないので、キャットフードの酸化防止剤としてよく使われます。

特にミックストコフェロールに含まれるビタミンEと 相乗効果が期待できるので、一緒に配合されていることが多いです。

ミックストコフェロールと同じく天然の酸化防止剤なので猫の体に優しいと言えます。

 

ミックストコフェロール以外の酸化防止剤

キャットフードの中には、ミックストコフェロールやローズマリー抽出物以外に、合成酸化防止剤が使われていることがあります。

BHABHTが代表的です。

こちらはミックストコフェロールに比べて、はるかに危険性が高い酸化防止剤です。

危険な酸化防止剤を一覧表にまとめてみました。

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)
用途酸化防止剤
毒性発がん性。環境ホルモンの疑いあり。
BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)
用途酸化防止剤
毒性発がん性、変異原性、催奇形性
エトキシキン
用途酸化防止剤、ビタミン・ミネラルの安定化
毒性発がん性、アレルギー性皮膚炎や目と皮膚に炎症を起こす。
プロピレングリコール
用途保存料、湿潤剤、甘味料
毒性硬い便をする、腸の障害を起こすなど。急性の毒性は無い。
ソルビン酸
用途防腐剤、保存料
毒性(亜硫酸と結びつくと)発がん性、成長抑制、肝臓・腎臓・精巣の重量減など。

※環境ホルモン→体内の正常なホルモンの働きを壊す。

※変異原性→科学物質がDNAや染色体に損傷を与える。

※催奇形性→胎児に奇形が発生する。

 

ロイヤルカナンと酸化防止剤

肉類(鶏、七面鳥)、米、小麦、とうもろこし、植物性分離タンパク*、動物性脂肪、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、小麦粉、植物性繊維、ビートパルプ、酵母および酵母エキス、大豆油、フラクトオリゴ糖、魚油、サイリウム、アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン、L-カルニチン)、ゼオライト、ミネラル類(Ca、Cl、Na、K、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、B2、パントテン酸カルシウム、B1、B6、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル

キャットフードで有名なロイヤルカナンは、人口の酸化防止剤のBHAが使われています。

BHABHTには、発がん性物質が含まれています。

ロイヤルカナンを食べたらすぐに影響が出るわけではありません。

毎日猫に食べさせるキャットフードには人工の酸化防止剤が入っていない方が望ましいでしょう。

しかもロイヤルカナンは韓国で製造されるようになりました。

品質管理の面で不安が残ります。

 

ミックストコフェロールの疑問あれこれ

ミックストコフェロールについての代表的な疑問について、回答をまとめてみました。

 

ミックストコフェロールでは栄養補給できない

ミックストコフェロールはビタミンCとビタミンEを酸化防止剤として使っています。

栄養素として摂取しているわけではありません。

ビタミンCとビタミンEを栄養として猫に摂らせてあげるためには、あくまでもビタミン単体で体に取り込む必要があります。

 

ミックストコフェロールでキャットフードを保存できる期間

ミックストコフェロールで保存されているキャットフードは、開封後1か月程度で使い切るのが望ましいです。

長くても2ヶ月以内で使い切りましょう。

 

ミックストコフェロールはアレルギーの原因になるの?

ミックストコフェロールがアレルギーの原因になることはありません。

ただし何でもですが、過剰摂取は健康被害が出る可能性があります。

キャットフードに含まれるミックストコフェロールの量程度であれば問題はありません。

参考までにビタミン CとビタミンEの過剰摂取による影響を書いておきます。

 

ビタミン C

成人が1日6グラムを連用要すると、悪心・嘔吐・下痢・顔面紅潮・頭痛・不眠などが現れる。

幼児は皮膚発疹が見られる。

 

ビタミンE

成人に投与して、クレアチニン(尿中)が確認されている。

毒性が低いという理由ですべての食品に使用が認められ、使用量の制限が一切ない。

クレアチニン:尿中にタンパク、糖、潜血反応がある場合、尿中のクレアチニンの数値を検査し、腎臓の排泄機能を調べます。

 

ミックストコフェロールに発がん性はあるの?

ミックストコフェロールに発がん性物質は含まれていません。

 

ミックストコフェロールまとめ

ミックストコフェロール自体は危険ではなく、キャットフードを保存するために必要不可欠なものです。

ただし、BHAなどの人工の合成酸化防止剤を使ったキャットフードは避けるべきです。

私が今飼っている猫は18歳になったので、できるだけ化学物質が含まれていないキャットフードを食べさせています。

以前は、価格の安い化学物質が大量に含まれたキャットフードを食べさせていました。

そのためか、毛艶がなく頻繁に吐いたり下痢をしていました。

ですが、キャットフードを天然の酸化防止剤を使ったものに切り替えてから、18歳の老猫は若い頃よりも今の方が元気になったのです。

2017年3月から今日まで約1年間、新しく切り替えたキャットフードを食べる猫の様子を詳しくレビューしています。

体によい食べ物は、健康で長生きに欠かせません。

もし猫が健康で長生きできるキャットフードを探しているなら、レビューを参考にしてキャットフードの切り替えを検討してください。

食事に気をつけて、猫と幸せな時間を過ごしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました