猫が出すうんちの量が多いのは危険なサイン

キャットフード

猫が大量のうんちをしていると、安心していませんか?

普通なら、キャットフードをしっかり食べてしっかり出しているから、猫が健康的に生きていると思います。

しかし、量の多いうんちを毎日しているなら猫が健康ではない可能性があります。

理由は2つあります。

猫はもともと砂漠の生き物であり、少ない食べ物からエネルギーになるものを体の中に貯めておいて、過酷な砂漠生活を生き抜く動物です。

だから、本来猫のうんちの量は少ないはず。

うんちが多いと言うことは、消化出来ずに外に出す必要がある・つまりそれだけ体に吸収出来ないものを食べたということです。

このような理由で、うんちが多いことを手放しで喜べないのです。

今回は、猫のうんちの量が少ない方がより健康的である理由を紹介します。

 

穀物が多いと猫のうんちの量は増える

「今日も立派なうんちが出たね。」

以前、私もそんな風に毎日猫のトイレ掃除をしながら思っていました。

しかし、うんちが多いことは、消化できなかったものが多いことを示します。

つまり、内臓が吸収出来ないものを大量に食べたということなのです。

一般的に売られているキャットフードの大半は穀物です。

穀物は、猫が消化を苦手にしている炭水化物であり、吸収分解に非常に時間がかかります。

キャットフードに含まれる穀物、炭水化物の代表がトウモロコシです。

キャットフードは家畜のえさと同じ仕組みで作られています。

現在では減る傾向にありますが、キャットフードメーカーが製造を委託していたのは「飼料工場」です。

飼料工場は、牛や豚などの家畜のえさを製造していますが、キャットフードも同じラインで作られていした。

そのため、穀物などの加工処理の仕方から、どうしても家畜のえさの考え方が抜け切れていません。

キャットフードに多く含まれるトウモロコシは、黄色い身の部分を想像すると思いますが、白い芯の部分やひげ、緑色の皮の部分も使われています。

人間が食べる黄色い身の部分でも猫は消化が苦手です。

にも関わらず、本来食べられない芯やひげ、皮が含まれていたら、猫の負担はどうなるでしょう?

無理に消化しようとするとあまりに負担が大きいため、うんちにしてそのまま出そうとするのです。

うんちの量が多いことを喜んでばかりいられないのは、キャットフードにおける穀物の事情があり、うんちの量が多いのは猫の危険なサインかもしれないからなのです。

 

大量の食物繊維は猫に負担をかける

穀物はお通じを良くする「食物繊維」が多いから猫の排泄を良くしているのでは?と思う方がいるかもしれません。

食物繊維には2種類あります。

・水に溶ける水溶性食物繊維

・水に溶けない不溶性食物繊維

トウモロコシなどの穀物は不溶性食物繊維を多く含みます。

不溶性食物繊維はうんちのかさ増しをして、外に出しやすくする食物繊維です。

スムーズな排泄には水溶性食物繊維が必須であり、不溶性食物繊維ばかり摂っていると逆に便秘になります。

猫の体の中でうんちがたくさん作られているのに便秘になってしまったら、大変なことになります。

トウモロコシをメインとしたキャットフードを食べた猫のうんちをしっかり観察してみてください。

うんちの表面上につぶつぶの未消化物質が付着しているのを確認出来ることがあります。

うんちの量が多い時は、まずうんちそのものを観察してみてください。

 

おわりに

人間の感覚だと、毎日の排便が良いと、「スッキリした」と言う感覚になります。

これを猫にそのまま持ち込んではいけません。

下痢をしていなくても、うんちの量があまりに多い場合は、せめてキャットフードの成分は確認しましょう。

猫が1日を通して全くおしっこをしないのは大問題なので病院に直行させます。

しかし、うんちに関しては1~2日出なくても大丈夫ですので、様子を見ましょう。

適量のうんちが毎日出ている。

猫が健康な証拠です。

飼い主も安心できます。

私は猫の便が不安定だったので、思い切ってキャットフードを変えました。

2017年3月から今日まで約1年間、新しく切り替えたキャットフードを食べる猫の様子を詳しくレビューしています。

体によい食べ物は、健康で長生きに欠かせません。

もしあなたが猫のうんちのことで悩んでいたら、レビューを参考にしてキャットフードの切り替えを検討してください。

食事に気をつけて、猫と幸せな時間を過ごしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました