キャットフードで猫の便秘を解消するために大切な栄養素とは?

キャットフード

「今日もウンチが出てない…。」

トイレの掃除に行った時に便が出ていないと、何とも不安な気持ちになります。

飼い主さんも便秘の辛さを知っているので、猫が便秘をすると心配ですよね?

ですが、猫の便秘はキャットフードでほとんど解消します。

そして、キャットフードで便秘を予防出来ます。

便がスムーズに出ていくためには、まず猫の体に入ってくる食事を改善しましょう。

ご飯を改善することで、猫の消化器の負担が減ったり、食べ物の消化が楽になって、結果猫の便秘を治すことができるのです。

あなたの猫は、例え便秘で辛い思いをしても、あなたにその辛さを伝えることが出来ません。

そのためにも、猫の便秘について正しい知識を持って対処しなくてはなりません。

今回のブログでは、特にキャットフードで猫の便秘を解消する方法について詳しく紹介していきます。

 

○日間、便が出ないと猫は便秘です

猫が便秘だと判断する基準があります。

目安として、丸2日以上便が出ない場合は、便秘と判断してください。

丸3日以上経っても便が出ていない場合は、至急動物病院に連れて行って、獣医さんの診断を受けましょう。

 

便秘の時の猫の様子

猫は自分が便秘だよ!と主張出来ません。

飼い主さんが見て判断するしかありません。

猫が便秘の時によく見せる行動や仕草をまとめておきます。

 

便秘になるとトイレに行く回数が極端に増える

猫は元々砂漠の生き物なので、体から極力水分を出したくありません。

そのため、老廃物を体の中に溜め込みやすい性質があります。

ですから、頻繁にトイレに行くということは、体に異常があるサインです。

ウンチに関しては、1日1回の排泄で十分です。

2回も3回もウンチをしに行く場合、猫が出したくても出せない便秘と判断しましょう。

 

便秘になるとうんちの途中でトイレから出る

猫の排便の様子を見て、踏ん張りがきかずうんちの途中でトイレを離れてしまう場合は、必死でいきんでも便が出ないと判断しましょう。

 

便秘になると少量のコロコロ便が出る

硬くて小さいコロコロの便が毎日出ていたら、便秘の可能性があります。

猫が食べているものや、キャットフードの成分を確認しましょう。

 

猫のお腹に膨らみを発見する

猫が便秘になると、便がお腹に溜まって下腹部が膨らみます。

酷い便秘だと、触ると硬く感じます。

下腹部を触って硬いと感じたら、獣医さんに診せたほうが良い状態です。

 

猫が便秘になる原因

猫が便秘になる原因は複数ありますが、代表的なものは以下です。

・穀物の摂り過ぎ

・低品質のキャットフード

・水分不足

・運動不足

・キャットフードのビートパルプが含まれている

 

キャットフードの穀物の割合が多すぎて便秘になる

猫は完全な肉食ですが、市販のキャットフードはトウモロコシなど穀物の割合がとても高いです。

適量の穀物は腸に良い食物繊維ですが、多すぎると問題です。

猫は元々穀物の消化が苦手なので、腸に大きな負担がかかって腸がきちんと働いてくれなくなります。

便秘改善には、まずキャットフードの穀物の割合を減らしましょう。

 

ミールやエキス、動物性油脂が腸に負担をかけて便秘になる

市販のキャットフードの成分表示を見ると、ミール・エキス・動物性油脂と言った表示があります。

これからは厳密には「肉のような加工物」であり、純粋な食用の筋肉部分ではありません。

動物の内臓や骨・毛、場合によっては腐敗した死体などから取ってきた肉が含まれているケースもあります。

【参考】

 

出処の分からない質の悪い肉は、腸の善玉菌を殺して腸内環境を著しく悪くします。

その結果、便秘になります。

 

猫の便秘の最大の敵・水分不足

猫は砂漠の生き物なので、少ない水分で生きていく本能があります。

そのため、放っておくと水を積極的に飲みません。

水を飲まないと、便が硬くなって、スムーズに出てきません。

あまりに便が硬いと、人間で言う「痔」のような痛みを感じて、ウンチを出すこと自体を嫌がるようになります。

 

猫の運動不足が便秘の原因に

猫が運動不足になると、腸の動きも鈍くなります。

腸が活発に働かないと、食べ物を便にする機能も落ちます。

そしてもっと怖いのが、運動不足による肥満から内臓脂肪がたくさん付いて、腸の動きを止めてしまうことです。

猫が肥満すると、外側の贅肉だけでなく、内側に内臓脂肪が付きます。

内臓脂肪が臓器を圧迫すると、臓器が本来の動きが出来なくなります。

腸は「ぜん動運動」をして、食べ物を移動させますが、脂肪がぜん動運動の邪魔をして、結果便秘になります。

猫の肥満予防は、すなわち便秘予防と同じです。

 

ビートパルプで便が硬くなり出ない

ビートパルプは、安いキャットフードに含まれています。

ビートパルプは、表向きは猫がウンチを出しやすくするための「食物繊維」として配合されていますが、キャットフードを安く増量する、かさ増しのためだけに使われています。

ビートパルプは、砂糖大根(ビート)から砂糖を除去した後に残ったカスです。

含まれる栄養素もほとんど無いので、猫にとって全く必要のない食べ物です。

猫はトウモロコシなど穀物が苦手で無くても生きていける一方で、ビートパルプはトウモロコシ以下の素材です。

ビートパルプは、飼い主さんがトイレの掃除をやりやすくするために、便を硬くコロコロにする性質も持っています。

これが便秘の原因になります。

ビートパルプは、猫にとって全く必要のない成分で便秘の原因になるので、ビートパルプを含むキャットフードを選ばないようにしましょう。

ビートパルプについては、下のブログ記事で詳しく書いていますので、参考にしてみてください。

【参考】

 

猫の便秘を解消する方法

ここまで、猫が便秘になった時の様子や便秘の原因について説明してきました。

次に便秘になってしまった猫にしてあげられる、便秘の解消法について説明します。

ただしこれから解説する便秘の解消法は、量や回数は少ないものの便が出ている場合です。

丸3日以上猫が便を出さないときは、速やかに動物病院に連れていきましょう。

 

猫の便秘にはまず水分補給

食事の近くには、必ず水飲み場を用意します。

いつでも猫が水を飲める環境を必ず作ってあげてください。

カリカリなどドライフードは喉が乾きやすいので、餌の器の横に水を置いておくだけで、水を飲む回数を増やせます。

水は出来るだけ新鮮で冷たいものを用意しましょう。

水を入れている容器や器の底が深いと、水が減って飲みにくくなるので、猫が面倒くさがって水を飲まなくなります。

底の浅い容器に入れて、頻繁に水を補充してあげましょう。

 

便秘を治すために穀物やタンパク質の見直しをする

便秘解消のためには、穀物の割合を見直します。

穀物の割合が一番多いキャットフードは避けましょう。

鶏肉や魚のタンパク質は猫が一番必要とするタンパク質で消化も得意です。

ミールや動物性油脂と表記されているキャットフードは避けて、「チキン」「鶏肉」「魚」などタンパク質の元が何の肉なのかハッキリ書かれているキャットフードを選びましょう。

 

便秘に効果的な食物繊維を見直す

便秘には「食物繊維」が良いと言われています。

焼き芋を食べたらおならが出やすくなって、結果ウンチが出やすくなる

食物繊維を摂って便秘改善するのは、この焼き芋の流れと同じです。

ただし、トウモロコシやビートパルプから食物繊維を摂ることは、猫に負担がかかります。

そこで、猫の負担を軽くする食べ物から食物繊維を摂るようにします。

オススメは、リンゴ・サツマイモ・カボチャなどから食物繊維を摂取する方法です。

食物繊維には2種類があります。

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維です。

2種類の食物繊維を猫がバランス良く摂ることで便秘を予防できます。

 

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維はリンゴなどに多く含まれます

水溶性食物繊維は腸の中の善玉菌を増やしてくれるので、腸が健康的に働いて便秘を予防してくれます。

 

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維は、トウモロコシやサツマイモカボチャに多く含まれます。

水に溶けないので、便のかさ増しをして便を大きくして外に出しやすくしてくれます。

 

便秘にはウェットフードを混ぜる

水分補給として、ドライフードにウェットフードを併用するのも有りです。

ただしウェットフードの中には総合栄養食で無いものもあり、栄養価的に偏る傾向があります。

ドライフードとウェットフードを混ぜる時は、成分表示を確認して、栄養のバランスが良いかチェックしてから食べさせましょう。

 

猫の適度な運動で便秘予防

運動しないと腸が活発に動かなくなりますし、内臓脂肪を増やす肥満にも繋がります。

適度に猫と遊んであげて、運動をさせてあげましょう。

10歳を超えるシニア猫だと、なかなか運動に付き合ってくれない場合があると思います。

その場合、玉取りなど激しい運動は諦めて、単に猫が歩いて移動させるだけでもOKです。

飼い主さんが遠くから呼びかけてあげて、猫が近くに寄ってくるだけでも運動になります。

私の猫は17歳とかなりの高齢なので、玉取りや激しい遊びは全くしません。

その代わりに、猫と頻繁にコミュニケーションをとって、運動するきっかけを作るようにしています。

 

便秘に効くオリゴ糖

便秘やダイエットの口コミで「オリゴ糖」という言葉を聞いたことがありませんか?

人間の世界でダイエットなどをしていると、必ず耳にします。

オリゴ糖は、バナナなどに含まれています。

腸の中には「善玉菌」がいて、水溶性食物繊維を摂ることで数が増えます。

善玉菌の代表格が「ビフィズス菌」で、オリゴ糖はビフィズス菌のエサになります。

つまり、リンゴなど水溶性食物繊維を摂ると善玉菌が増えて、バナナなどでオリゴ糖を摂ると善玉菌がオリゴ糖を食べて元気になります。

腸内の状態が良くなるので、便秘になりにくくなります。

猫が食べるキャットフードでも、リンゴやバナナを食べることが出来ます。

この後で詳しく解説します。

 

猫が便秘で吐くのはかなり危険

便秘気味で、なおかつ何度も吐く場合は、大至急動物病院に連れていきましょう。

便が出ない上に吐くということは、猫が必死に老廃物や毒素を外に出そうとしている状態です。

オシッコの状態も必ず確認してください。

体中に毒素が回ってしまうと猫の命に関わります。

もしあなたの猫がこのような状態なら、すぐに今見ているパソコンやスマホから離れて、愛猫を救ってあげてください。

 

便秘改善に最適なキャットフードとは?

では、猫の便秘を改善してくれる最適なキャットフードについてまとめてみます。

 

タンパク質が一番多く含まれるキャットフードを選ぶ

何度も書いているとおり、猫は完全な肉食で生きるためにはタンパク質を一番必要としています。

猫が消化を得意としていて、新しい筋肉や骨・毛を作るのにタンパク質は必須です。

タンパク質が多いキャットフードにすると、猫が自然に近い食生活になるので、腸の状態が安定して便秘予防・便秘解消に繋がります。

健康的なキャットフードの世界的な基準であるAAFCOによると、最低でもタンパク質は30%含まれている必要があります。

キャットフードの成分表示を見て、タンパク質が30%以上を占めるキャットフードを選びましょう。

AAFCOの基準については、下記のブログを確認してください。

【参考】

 

適度な脂質を便秘解消

タンパク質と同じく脂質も猫に必要な成分です。

この脂質を、動物性油脂などから摂らず、天然の材料から摂ると良いです。

15%から20%の脂質を含むキャットフードは、便秘を解消してくれます。

 

猫に負担をかけない材料で食物繊維を摂る

トウモロコシやビートパルプなど猫が苦手な形ではなく、猫に極力負担のかからない方法で食物繊維を適度に摂りましょう。

水溶性食物繊維ならリンゴ、不溶性食物繊維ならサツマイモやカボチャが良いです。

リンゴやサツマイモ、カボチャを含んだキャットフードを選ぶのがベストです。

その際、繊維の割合は、3%程度が望ましいと言われています。

 

オリゴ糖を含むキャットフードで腸内環境を良くする

先に書いたとおり、オリゴ糖は腸の中の善玉菌であるビフィズス菌のエサになります。

そのため、オリゴ糖を含んだキャットフードを猫が食べると、便秘改善に繋がります。

オリゴ糖はバナナに多く含まれるので、バナナを配合したキャットフードを猫に食べさせると、便秘に効きます。

 

おわりに

今回は猫の体調不良の中でもよく起こる、便秘について書きました。

猫が便秘をすると、猫本人が辛いのは当然ですが、飼い主である人間にも負担がかかります。

何日もうんちが出ないと、「今日も出てない…。」と不安な気持ちになって1日を楽しく過ごすことができません。

猫を飼っていれば分かるのですが、猫のうんち次第で、その日の気分が大きく変わります。

コロコロしたうんちが毎日出て、さっと掃除してトイレが綺麗になると、猫も人間も幸せです。

わたしは、キャットフードを変えることで、猫の便秘を治してあげました。

2017年3月から今日まで約1年間、新しく切り替えたキャットフードを食べる猫の様子を詳しくレビューしています。

もしあなたが猫の便秘で困ったり不安になったりしているなら、レビューを参考にしてキャットフードの切り替えを検討してください。

食事に気をつけて、猫と幸せな時間を過ごしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました