猫がモグニャンを吐いた理由と吐きやすいキャットフードの特徴

モグニャン

今朝、みーこが吐いてました。

3月初頭にモグニャンに変えてから数ヶ月経ちますが、この日まで1日も吐く日は無かったので、逆に心配しました。

しかし、1日様子を見ましたが、みーこの体調は全く問題ありません。

吐いた直後の実際の吐瀉物(としゃぶつ)です。

最初見た時は、下痢のうんちかと思いましたが、便臭が全くしないので、吐いたものだと分かりました。

モグニャンはこげ茶のキャットフードです。

原則モグニャンしか食べさせていなかったので、吐いたものもこげ茶色になったようです。

あまりに吐くことが久しぶりなので、どこか体調が悪いのかと焦りました。

しかし結果的に全く問題ありませんでした。

ケロッとした様子で、毛づくろいしていました。

体を伸ばしてリラックス。

結局この後、お昼には普通に食事をしました。

 

猫がモグニャンを吐いた理由

みーこは食べるのが速く、モグニャンを丸呑みしながら食べる癖があります。

これが前日の食事風景ですが、かなりのスピードでがっついている様子が分かります。

食べるスピードと量がある一定量を超えると、処理しきれない猫は吐いてしまいます。

一気食いして吐いた場合の特徴として、しっかり消化されていない状態で吐くので、食べた物の形や色が残っていることが多いです。

この場合は猫が体調不良か気にしなくても大丈夫です。

時間が経って再度ご飯を食べ始めたら問題ありません。

ただし、ご飯を食べす何度も吐くようなら、動物病院で獣医さんに診てもらいましょう。

 

モグニャンには猫が吐きやすい材料が入っているのか?

猫が苦手な食べ物は「穀物」。

猫は穀物の消化が大の苦手です。

モグニャンはグレインフリーのキャットフードなので、穀物ゼロ。

猫が吐きやすくなる原因はありません。

 

グレインフリーのモグニャンの成分

モグニャンの公式サイトより成分を引用

白身魚63%、サツマイモ、えんどう豆、サーモンオイル、ひよこ豆、レンズ豆、ヒマワリオイル、フィッシュスープ、ミネラル類、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、ビール酵母、オリーブオイル、アマニ、アルファルファ、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、セイヨウタンポポ

さらに、人工の保存料や着色料など添加物を使っていません。

保存料は使っていますが、ビタミンEなど「天然」の保存料を使っています。

モグニャンは人間がそのまま食べること出来る品質で作られています。

一方、市販の一般的なキャットフードはどうでしょうか?

 

ねこ元気など市販されているキャットフードの成分

・トウモロコシなど穀物が一番多い

・赤色102号などと書かれた着色料

穀物が多く人工の着色料が使われています。

このような成分は吐く原因になります。

 

モグニャンの粒の大きさが吐く原因にならないか?

モグニャンの粒はキャットフードの中でも小さい部類に入ります。

粒が大きくて負担になって吐く、と言うケースは起こりづらいです。

ただし今回のみーこのように、モグニャンを速く大量に食べてしまうと吐くことがあります。

モグニャンは、全ての猫が吐きやすいほど大きな粒ではありません。

【参考】

 

モグニャンを吐いた後の処置は?

最初に吐いた後も何度も吐くようであれば、それはモグニャンの問題ではなく猫が本格的に体調を崩しています。

早く動物病院に行って診察を受けましょう。

私の猫の場合は、吐いた後そのままにしておくと、少し時間を置いて再びモグニャンを食べ始めて問題ありませんでした。

一度吐いた程度ではあまり心配せずに、猫の様子を見てあげてください。

 

おわりに

本当に久しぶりにみーこが吐いたので、少し正直慌てました。

市販の一般的なキャットフードを食べさせていた頃は、日常生活の中で普通に吐いていたのであまり気にならかったのです。

今は滅多に吐きませんから。

わたしは焦ってしまいましたが、このブログを読んでいるみなさんは、落ち着いて猫を観察してあげてくださいね。

モグニャンは体に良い成分のみで作られているので、吐くこと自体が減ります。

しかし、いくら体に良い成分で出来ているとは言っても、天候や体調の関係で吐くこともあります。

人間と同じで、たまに気分がすぐれない時もあるでしょう。

吐いた日は、朝から蒸し暑く天候不順で、人間でも気分が滅入る天候でした。

猫も不愉快な気候に気分が悪くなったのかもしれませんね。

2017年3月から今日まで約1年間、モグニャンを食べた猫の様子を詳しくレビューしています。

もしあなたがモグニャンを検討していたら、ぜひレビューを参考にしてくださいね。

食事に気をつけて、猫と幸せな時間を過ごしましょう。

コメント