猫が吐かないキャットフードはモグニャンだった

モグニャン

獣医さんに診てもらって悪いところはないけど吐く。

キャットフードを何回変えても吐く。

理由がわからず猫が吐き続けると、とても不安になりますよね?

でも、猫が吐く悩みを一瞬で解決できるキャットフードがあるんです。

今回は猫が吐かなくなるキャットフードの「モグニャン」について詳しく紹介していきますね。

 

吐きやすい猫にモグニャンが良い理由

頻繁に吐く猫には、なぜモグニャンが最適なのでしょうか?

 

モグニャンは化学物質完全不使用で猫に優しい

モグニャンは化学物質を一切使っていません。

 

モグニャンは質の悪い材料を一切使っていない

品質の悪い肉(ミールや動物性油脂など)や化学物質が体に入ると、腎臓や肝臓で処理しきれず吐くことで毒素を出そうとします。

モグニャンは毒素の元になる成分は一切含まれていません。

 

モグニャンは老猫の消化器に特に優しい「グレインフリー」

モグニャンは猫が消化を苦手とする穀物、トウモロコシなど穀物を一切使っていません。

猫が負担なく吸収出来るので、吐く頻度が激減します。

 

モグニャンには酵素を豊富に含む材料がいっぱい

猫の体内の酵素の量が減ると、胃腸・腎臓・肝臓の動きが悪くなって吐く原因になります。

モグニャンには、白身魚・豆類・バナナ・リンゴ・クランベリー・カボチャなど酵素を豊富に含む材料が多く使われています。

 

モグニャンは白身魚でタンパク質を補給

猫は元気に長生きするためにタンパク質が必須です。

モグニャンは楽に消化して吸収できる「白身魚(タラ)」が主な材料で、63%を占めます。

スムーズに吸収できて、結果吐かなくなります。

 

モグニャンは「ビートパルプ」不使用

モグニャンは嘔吐や下痢便秘の原因になる「ビートパルプ」を使っていません。

ビートパルプは毛玉ケアのフードに多く使われます。

モグニャンは猫に負担がかかるビートパルプの代わりに、かぼちゃやさつまいもで毛玉ケアをします。

 

モグニャンは胃腸に優しい小さな粒

モグニャンの粒や7ミリで市販のキャットフードの粒より小さいため、猫が丸呑みして胃腸に入ったときの負担が少ないです。

さらに微妙に水分を含んでいてフニャフニャしているので、猫が少し噛むと、さらに小さくなって胃腸への負担を減らします。

 

モグニャンと有名なキャットフードとの比較

一般的に売られているキャットフードとモグニャンの成分を比較しました。

他のキャットフードと比べると、モグニャンには吐く要素がないことに注目してください。

○→不使用・安全 ×→使用・危険

モグニャンねこ元気カルカン銀のスプーンキャラットシーバ
酸化防止剤×
着色料×××××
ミール・パウダー×××××
動物性油脂×××××
穀物×××××
ビートパルプ××

 

モグニャンモンプチキャネットアイムスサイエンスダイエットロイヤルカナン
酸化防止剤××
着色料×××
ミール・パウダー××××
動物性油脂××××
穀物×××××
ビートパルプ×

 

猫が吐くならモグニャンは最高の選択肢

一般的に売られているキャットフードには、何かしら猫が吐く要素が含まれています。

モグニャンは猫が吐く原因を全て無くしたキャットフードです。

キャットフードを何種類変えても猫が吐き続ける。

獣医さんに相談しても猫が吐くのが治らない。

もしそんなことに悩んでいる場合はモグニャンを試してみてはどうでしょうか?

今なら先着でモグニャンの100円モニターに申し込むことができます。

1980円でモグニャンのフルパッケージを買えます。

食事に気をつけて、猫と幸せな時間を過ごしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました