モグニャンに含まれるタウリンで猫が元気になる理由を調べてみた

モグニャン

シニア猫になると、猫はだんだん元気がなくなってきます。

玉をとったり、猫じゃらしで遊んだりしてくれなくなります。

1日中ずっと寝てる…なんてことも珍しくありません。

しかし、何もしないで猫に任せていると本当に衰弱してしまいます。

そこでオススメなのが、猫にタウリンを与えることです。

タウリンと言うと、人間のエナジードリンクを思い出す方も多いですが、無理やり元気にするようなものではなく、体内の色々な働きを助けてくれる成分です。

猫がタウリンを摂ることのメリットはとても大きいです。

今回は、猫とタウリンの良い関係について紹介します。

 

タウリンは猫の健康と長生きにどう影響するの?

タウリンと言うと、リポビタンDやレッドブルなどエナジードリンクや栄養ドリンクを想像しますよね?

しかしタウリンの本当の効果は、単純に疲れを取るというものではありません。

・肝臓の働きを助ける

・血圧を下げたり異常な血圧上昇を抑える

・心臓の働きを助ける

・コレステロールを下げる

・認知症を防ぐ

・ストレスを減らす

・不眠の改善

このように、体の調子を良い状態に維持するための、色々なお手伝いをしてくれるのです。

中でも肝臓に与える影響は大きいです。

肝臓は体内の解毒を行う臓器。

肝臓が弱ると、食欲が落ちたり吐く頻度が増えて、うんちやおしっこの状態も悪くなります。

猫の体調不良に直結するのが肝臓です。

タウリンの働きをまとめると、

弱っている肝臓の働きを助けて体内の解毒をしっかり出来るようにして、体内からスッキリさせて元気にしてくれる

と言えるでしょう。

【参考・猫の肝臓の働き】

 

タウリンを多く含む食べ物って?

タウリンは、カキやイカ・タコなどの貝類や、魚に非常に多く含まれています。

ちなみにモグニャンは成分の63%が魚のタラ。

「タラ」には、100グラムあたり135mg含まれています。

しかし市販のキャットフードは穀物が一番多いので、タウリンを十分に補給できません。

フィッシュミールやフィッシュエキスなどと書かれているフードは、一見魚がたくさん含まれていそうです。

しかし、「ミール」や「動物性油脂」と同じように、本来食べられる魚の身の部分以外を多く使っています。

これだと、タウリンを十分に補給することができません。

モグニャンのように「タラ」をメインの原料にしているのが分かるフードでないと、タウリンをしっかり補給出来ません。

 

おわりに

今回はあまり聞き慣れないキャットフードのタウリンについて紹介しました。

猫の老化の流れをまとめると

・猫の体内がだんだんと衰える

・毒素を処理したり新しい細胞を作る力が衰える

・元気が無くなる

・外見も老けていく

と言えます。

あまり遊ばなくなったと言うことは、見た目以上に体の中の力が衰えています。

そこでタウリンを含む食事をしっかり食べることで体の中の動きが活発になり、結果元気に遊んだり表情が明るくなったりするのです。

特にシニア猫はタウリンをしっかり摂ることで、見違えるほど元気になります。

私は猫の病気予防と長生きのために、タウリン入りのキャットフードを変えました。

2017年3月から今日まで約1年間、新しく切り替えたキャットフードを食べる猫の様子を詳しくレビューしています。

体によい食べ物は、健康で長生きに欠かせません。

もし猫が健康で長生きできるキャットフードを探しているなら、レビューを参考にして対ウリンを含んだキャットフードの切り替えを検討してください。

食事に気をつけて、猫と幸せな時間を過ごしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました