モグニャンはシニア猫に最適なキャットフード

モグニャン

我が家のみーこは18歳とかなり高齢。

だから、わたしはモグニャンを選びました。

最初にカナガンを食べさせて食いつきが良く喜んで食べていたのですが、粒が大きく食べにくそうでした。

そこで、

・粒が小さいこと

・高タンパク質

・低脂肪

高齢の猫なので、高タンパクで低脂肪であることも、モグニャンに決めた理由です。

カナガンはチキンがメインなので脂肪もそれなりにあります。

食事以外は寝ていることが多いのでカロリーが低いものを探して、モグニャンにたどり着きました。

今回は、実際にみーこに食べさせた上で、シニア猫にモグニャンが合う理由を書いていきますね。

 

モグニャンの粒のサイズは老猫にピッタリ

冒頭の通り最初はカナガンをあげていたのですが、粒が大きいことでモグニャンに変更しました。

みーこはキャットフードを意外と噛んで食べていたので、カナガンだと大きすぎて噛みづらそうでした。

モグニャンに変えてから、スムーズにご飯をたべるようになりました。

モグニャンの粒の大きさは今年リニューアルされたようで、商品と一緒にお知らせの紙が入っていました。

子猫やシニア猫のことを考えて、粒の大きさを変更したようです。

みーこは完全に老猫ですが、モグニャンは子猫にも良いフードのようです。

確かにカナガンは粒の大きさ的にも「成猫」がガツガツ食べるようなイメージです。

モグニャンは、おじいちゃん・おばあちゃん猫でもしっかり食べてくれます。

 

シニア猫だからご飯で元気に

2018年2月末のみーこ。

18歳にしては、綺麗じゃありませんか?(親ばか)

私は、猫が年を重ねたからこそ、良いキャットフードを食べさせてあげるべきと考えます。

人間でもそうですが、若いうちは多少の体調不良だったら、自然に治ります。

若いうちは体力があるので、体に負担がかかっても大丈夫なケースが多いです。

猫も一緒です。

年齢を重ねれば体力が落ちて病気になりやすいのは仕方ないことです。

だからこそ、質の良いキャットフードで、健康な体を維持してあげる必要があると思います。

もちろん若いうちから、良いキャットフードを食べさせてあげれば、さらに健康で元気になるでしょう。

ですが、私のように、愛猫が亡くなるまで、市販のキャットフードの質の悪さに気が付かず、長期間食べさせてしまうことも少なくありません。

完全に猫が体調を崩すと、病院に連れていくのは負担も大きく金額も安くありません。

モグニャンはそれなりに高いですが、猫が元気でいてくれて病院にかかることが無いので、完全に納得して買っています。

 

おわりに

※亡くなる半年前のトラと、今も元気なみーこ

今回は、老猫に合うキャットフードとして、私が使っているモグニャンを紹介しました。

全年齢対応なので、子猫でも成猫でもOKです

改めて思ったのは、激安のキャットフードを食べさせていた頃より、今の方が毛艶が良いことですね。

これははっきりと感じます。

猫の毛の状態は、猫の健康状態を表します。

昨年トラが亡くなる前、毛艶がなくなってゴワゴワになっていくのを見ていたので、18歳になってますます毛艶が良くなるみーこを見て、安心します。

2017年3月から今日まで約1年間、新しく切り替えたキャットフードを食べる猫の様子を詳しくレビューしています。

もしあなたがシニア猫の食事で困ったり不安になったりしているなら、レビューを参考にしてキャットフードの切り替えを検討してください。

食事に気をつけて、猫と幸せな時間を過ごしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました