猫は2年間離れ離れになった飼い主の声を覚えているか?

猫雑記

このブログを読んでいるあなたは、きっと猫を一生懸命かわいがってる飼い主さんだと思います。

ご飯、トイレのお掃除、寝床の用意、そして遊んであげたり一緒に寝たり…。

でも、必死に大事にしても、

「猫は私の愛情を分かってくれてるのかな?」

たまに、そんな風に思ってしまうことがありませんか?

まあ、そのツンデレな部分がカワイイんですけど(汗)

ところで、私が老猫のことを色々調べていたら、偶然素敵な動画に出会いました。

とある事情で猫を手放さざるをえなくなった飼い主さん。

2年間離れてしまったけど、もし元の飼い主さんの声を聞かせたら反応するのか?

飼い主さんのことを果たして覚えているのか?

そんな実験をしていたのです。

 

猫を手放した経緯

猫を手放してしまったのは大野さん。

2年前に入院をしなくてはならなくなって、飼い猫を世話する人がいないため、やむなく知り合いに譲ることになりました。

飼い猫の名前は「くうちゃん」。

空と書いて「くう」ちゃんと呼んでいました。

くうちゃんは現在10歳とそこそこ高齢な猫さんなので、超おばあちゃん猫を飼っている私はめちゃくちゃ共感してしまいました。

他人事に思えなくて…。

 

老猫くうちゃんは2年ぶりの飼い主の声を覚えているか?

実験方法は、大野さんの声を録音して

・他人の声1

・他人の声2

・他人の声3

・大野さんの声

この順番でくーちゃんに聞かせて、大野さんの声に反応するかどうかを確認します。

大野さんの声を流す前に、くーちゃんの見知らぬ3人の声が流れます。

そして、大野さんの声が聞こえた瞬間…?!

続きは動画で確認してくださいね。

※動画が非公開になりました。

 

猫は家族の一員だから長生きしてほしい

※上の写真は、今年17歳になる私の飼い猫のみーこです。

大野さんと再会できたくうちゃん。

抱っこされて、何だかとっても嬉しそうです。

良かったね、くうちゃん。

10年も飼っていると、猫は立派な家族の一員です。

私は17歳になる猫を飼っていて、猫のいない生活は考えられません。

もし猫がいなくなったら、立ち直る自信がありません…。

だからこそ、猫が元気で健康に長生きしてくれるために、出来ることは悔いなく全てやっておきたいです。

このブログでは、猫の健康や食事に関することを定期的にアップしていますので、ブクマなどしていただくと嬉しいです。

2017年3月から今日まで約1年間、新しく切り替えたキャットフードを食べる猫の様子を詳しくレビューしています。

食事に気をつけて、猫と幸せな時間を過ごしましょう。

 

この記事の一番下にコメント蘭がございますので、良かったら感想など書いていただくと励みになります。

コメント

  1. ななちん より:

    めちゃくちゃジーンと来ました(´;ω;`)ブワッ

    猫も飼い主さんの愛情を、ずっと覚えているんですね…(^^)

  2. 兼定重明 より:

    嬉しいね❤️かわいいね❤️