モグニャンがペットショップで売ってない理由と市販のキャットフードが抱える3つの問題

キャットフード

「モグニャンはペットショップで売ってるの?」

猫好きの友達にモグニャンを勧めると必ず聞かれます。

近所のペットショップで売られていればすぐに買えますし、モグニャンを実際に手にとって店員さんに質問したりして、自分の猫に合うか事前に確認しておきたいですよね?

しかし残念ながら、モグニャンはペットショップで売ってません。

モグニャンには添加物や人工の酸化防止剤が使われていないため賞味期限が短く、ペットショップに流通させるとセールの対象になり品質を維持出来なくなるからです。

否応なしに価格競争に巻き込まれて品質維持が出来なくなることを防いでいます。

モグニャンは楽天では売ってません。

amazonでは買えますが少し割高になるので、モグニャンの公式サイトで買うのが一番お得です。

このブログを読んでいるあなたは、きっと猫の体に良いキャットフードを探しているはずです。

あなたが感じている通り、市販のキャットフードには、

・強引に食いつきを良くする添加物

・腐る、傷むを防ぐ酸化防止剤

このように猫に体に悪い化学物質が多く含まれます。

一方でモグニャンはこのような化学物質は一切含まれていませんし、猫にとって一番必要なタンパク質が一番多く含まれるグレインフリーのキャットフードです。

今回はモグニャンを公式サイトで安く買う方法、そしてモグニャンが高品質な理由と市販のキャットフード危険性について書いていきたいと思います。

 

モグニャンは公式サイトで買う

モグニャンはインターネット通販で買うことが出来ます。

通常購入だとAmazonとの金額差はありませんが、Amazonだと後で説明する仮予約購入への切り替えが出来ないため、公式サイトで買うのがベストです。

モグニャン公式サイト通常公式サイト仮予約1個公式サイト定期1万円以上楽天Amazon
商品価格3960円3564円3366円4968円
送料640円640円0円0円
税込合計金額4968円4540円3635円4968円

 

モグニャンがペットショップで買えない理由

モグニャンがペットショップなどお店で買えないのは不便だと感じるかもしれません。

しかし理由があります。

ブログの後半で書きますが、モグニャンは人工の酸化防止剤を使ってないので保存期間が短いです。

保存期間が短いと、在庫処分のために値引きやセールが頻繁に行われます。

そうなると、モグニャンの金額を下げざるを得ませんから、結果品質の低下に繋がります。

ネット通販ならお客様の注文の数に応じて数をコントロール出来るので、一定の金額で一定の数を出荷できます。

 

定期コースでモグニャンをさらにお得に

モグニャンは定期コースで買うことで、1個あたりの金額を安く出来ます。

値段は税抜価格です。

モグニャン通常販売定期コース
合計金額が7000円未満

1袋購入の場合

割引無し

1袋3960円

10%割引

1袋3564円

合計金額が7000円以上

2袋購入の場合

5%割引

1袋3762円

15%割引

1袋3366円

合計金額が2万円以上

6袋以上購入の場合

10%割引

1袋3564円

20%割引

1袋3168円

税抜き10000円以上だと、代引き手数料と送料が無料になります。

送料は640円で、代引き手数料は237円です。

3袋以上を定期コースで買うともっともコスパがよい状態で買えます。

ただ、いきなり定期コース複数個で買うのは、食いつきや猫の体に合うか不安がありますから、最初は1個から購入することをオススメします。

私も一番最初は公式サイトで通常購入で買いました。

仮予約を知らなかったので一番割高でした(汗)

モグニャンがあなたの愛猫にピッタリだと感じたら、それから定期すれば良いです。

 

※2017年3月購入で送料改定前なので、送料が420円になっています。今は640円です。

追記

今なら、当ブログからモグニャンの100円モニターに申し込みできます。

さらに初回だけモグニャンを1980円で買える特典も用意しました。

 

モグニャンの賞味期限と保管方法

モグニャンの賞味期限は下のとおりです。

・未開封なら18ヶ月

・開封後3ヶ月

モグニャンの袋は、マジックテープのようにぴっちりと閉められるようになっています。

私の保存法は、

・袋に付いているマジックテープで袋を閉じる

・洗濯バサミで挟む

 

・暗くて涼しい場所に置いておく

保存方法は簡単ですが、傷みません。

 

市販のキャットフードが抱える3つの危険性

モグニャンは市販のキャットフードのように人工添加物を使っていないため、賞味期限が短いです。

期限切れを防ぐ叩き売りを避けるために、敢えてペットショップでは売っていません。

一方、市販のキャットフードは、コストを安くしつつ長期保存出来たり強引に食いつきを良くするために、猫の体に悪い人工添加物や穀物がもりもり使われています。

そこで、私がホームセンターで大量に売られているキャットフードを買わない理由を3つあげていきます。

 

人工の酸化防止剤を使っている

最近ではあまり見かけないかもしれませんが、安いキャットフードには、BHA(ブチルヒドロキシアニソール)BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)と呼ばれる発ガン性を含む人工の酸化防止剤が使われていることがあります。

有名で人気のあるロイヤルカナンにも、酸化防止剤としてBHAが使われていたりします。

肉類(鶏、七面鳥)、とうもろこし、植物性分離タンパク*、動物性脂肪、コーングルテン、米、小麦、植物性繊維、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、小麦粉、チコリパルプ、魚油(オメガ3系不飽和脂肪酸源)、大豆油(オメガ6系不飽和脂肪酸源)、酵母および酵母エキス、フラクトオリゴ糖、ルリチシャ油、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、L-リジン、タウリン、L-カルニチン)、ゼオライト、ミネラル類(Cl、Ca、K、Na、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、イノシトール、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B2、B1、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

※ロイヤルカナンのHPより引用

モグニャンは自然の保存料であるビタミンE、ミックストコフェロールを使用しているので、保存期間は短くなりますが保存料の成分で猫の健康に悪影響を与えることはありません。

【参考】

 

厳密には肉ではない「肉類」の危険性

市販のキャットフードの成分表示を見ると、ビーフミール・ポークミール・フィッシュエキス・動物性油脂などと書かれています。

一見、肉や魚が豊富に含まれているように思えますが、筋肉の部分以外の内臓や爪なども含んだ「肉のようなもの」の総称です。

キャットフードを安くするために、質の悪い肉を使っている場合もあり、事実「ミール」に含まれる肉がどのようなものなのか分かりませんし、今の日本では表示義務もありません。

場合によっては「4Dミート」と呼ばれる、人間は絶対食べられない品質の肉を使っているケースもあります。

質の悪いお肉は、本来なら猫も警戒して食べないのですが、人工の香料など添加物で猫の好きなにおいを付けて、無理やり食いつきを良くしているだけです。

モグニャンは肉の原材料として「白身魚のたら」を使っています。

【参考】

 

モグニャンは肉の原材料として「白身魚のたら」を使っています。

出処の分からない成分は使っていません。

 

猫の内臓に負担をかける「穀物」

ホームセンターによく売られている市販のキャットフードは、メインの成分が穀物です。

しかし猫は完全な肉食で穀物は必要ありませんしもともと食べる習慣もありません。

猫が穀物を消化すると内臓に大きな負担がかかるので、メインの食材は肉や魚であるのがベストです。

モグニャンは成分全体の63%が白身魚で穀物を全く含んでいないので、猫の体にぴったりのキャットフードと言えます。

【参考】

 

おわりに

 

私がペットショップでキャットフードを買わなくなったのは、愛猫の死がきっかけでした。

今飼っているみーこは、普段は元気なのですが、結構な頻度で吐いてました。

猫は吐くのが当たり前の動物だと認識してたので気にしていませんでしたが、トラの病死で体調に敏感になっていたこともあって、ある日、みーこが吐いた物をしっかり観察しました。

ずっと長いこと「ねこ元気」をあげてたんですが、ふと見ると、フードが全く消化されていませんでした。

そこで、ネットや本で調べた結果、市販のキャットフードはとても危険で猫の健康や長生きに悪影響を与えることを知りました。

そして、モグニャンに買えたのです。

モグニャンに切り替えたことで、目に見えてみーこの体調は改善しました。

モグニャンに切り替えた後、下痢と便秘をしなくなりました。

モグニャンを食べ続けて半年になりますが、吐いたのは2回だけです。

2017年3月から今日まで約1年間、モグニャンを食べた猫の様子を詳しくレビューしています。

もしあなたがグレインフリーのキャットフードを検討していたら、ぜひレビューを参考にしてくださいね。

食事に気をつけて、猫と幸せな時間を過ごしましょう。

 

今では、5週に1個のペースで、モグニャンを定期コースで購入しています。

キャットフードをペットショップで買うと、自分で運ぶのは意外と大変ですし、車が無いと家に持って帰るのが大変です。

量が少なくなってきたら、スマホやタブレットで簡単に注文できて家に持ってきてくれるメリットは、私個人としてはかなり大きいと感じます。

猫の健康のために選んだモグニャンですが、ずっと継続して食べてくれていて食いつきの面でも安心しています。

コメント