ねこ元気を吐く場合にチェックしたい吐く原因になる3つの成分

キャットフード

ねこ元気を食べさせたら、猫が吐いちゃいましたか?

ねこ元気は、ユニ・チャームが販売しているキャットフードで、ホームセンターでは売られていない方が珍しいくらいメジャーなキャットフードです。

そのため、愛用している飼い主さんも多いです。

しかし、手に入りやすいキャットフードは、逆に大量生産されているということです。

つまり、大量生産出来るほどに材料は安いのです。

ねこ元気は、確かにお手頃価格であり入手しやすいので、私も使っていました。

ですが、私も食べさせたら猫が頻繁に吐くので、結果的にねこ元気をあげるのをやめました。

今回は、私がねこ元気をやめた理由を詳しく書いていきますね。

 

猫が吐く原因をねこ元気に求める前に

猫が吐く原因が、キャットフードにあるのか、それとも猫の体調不良にあるのか、問題の切り分けをしましょう。

猫の体調不良が原因なら、早めに動物病院に連れて行って獣医さんの判断を仰ぐ必要があります。

次のうち1つでも当てはまる場合は、至急動物病院で診てもらってください。

・吐いた後、元気がない

・吐いた後食欲が無く、ぐったりしている

・吐いたものに血が混ざっている

・頻繁に吐く

・1日に何度も吐く

・突然、激しく吐く

・誤食の痕跡がある

猫は胃腸に入った毛玉を吐き出すことはありますが、1日に何度も吐いたり、毎日のように続けて吐く場合は病気の疑いがあります。

熱や下痢など、同時に他の症状がある場合は、特に注意してください。

 

猫がねこ元気を吐くのは「拒否」の意志の表れ?

動物病院に連れていく必要が無いと判断出来れば、原因は食べさせてるキャットフードにあります。

動物病院にお世話になるような病気や疾患以外で猫が嘔吐を繰り返す理由は、キャットフードの成分に猫に悪い成分が含まれていて、その悪い成分を外に出そうとするからです。

猫の食べ物に限らず全ての食べ物には、大なり小なり悪い成分は含まれています。

食べ物に含まれる悪い成分や毒素は、肝臓や腎臓が正常な働きをすることできちんと処理されて、便やオシッコになって外に出ていきます。

しかし老猫になって肝臓や腎臓、消化器の働きが衰えてくると、若い時は平気で処理できていた悪い成分や毒素を処理し切れず、吐くことで外に出そうとします。

これは老猫やシニア猫に限った話ではなく、子猫や成猫でも生まれつき肝臓や腎臓の働きが弱い場合は、症状に大小はありますが、同じ仕組みです。

食べたねこ元気をすぐに吐いてしまう場合は、猫自身がねこ元気を「拒否」しているのです。

 

ねこ元気を食べると猫が吐く理由

では、ねこ元気に含まれる成分について詳しく見ていきます。

※私の家に残っていた、「ねこ元気腎臓の健康維持用 15歳が近づく頃から」

穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉)肉類(チキンミール、ポークミール、ビーフミール、チキンエキス等)、豆類(脱脂大豆)、魚介類(フィッシュミール、フィッシュエキス、マグロエキス、カツオエキス、白身魚ミール等)、動物性油脂、ビール酵母、酵母エキス、ミネラル類(カルシウム、塩素、コバルト、銅、鉄、ヨウ素、カリウム、マンガン、ナトリウム、リン、亜鉛)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、着色料(二酸化チタン、赤色40号、赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)

 

ねこ元気の穀物は消化しずらい

穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉)

成分表示の緑色の部分が、穀物になります。

キャットフードは、含まれる成分の多い順に表記する決まりがあります。

ねこ元気の中で一番多い成分が、穀物です。

しかし、猫はネズミを追いかけて狩りをするように完全な肉食動物です。

本来、猫は穀物を食べません。

生きていく中で必要が無いからです。

しかも、猫は草食動物で穀物を好んで食べる牛と比較すると、消化器の大きさは5分の1しかありません。

それでも、ねこ元気にトウモロコシなど穀物が入っている理由は2つあります。

・穀物は安く調達出来て、胃腸の中で水に触れると膨張して満腹感を得られる

・便をかさ増しする効果があるので便秘を防ぐ

値段を抑えながら猫のお腹をいっぱいにするために、本来猫に合わない穀物がメインで使われるため、消化器が受け付けず吐いてしまう原因になるのです。

【参考】

 

ねこ元気に含まれる肉が原因

肉類(チキンミール、ポークミール、ビーフミール、チキンエキス等)、豆類(脱脂大豆)、魚介類(フィッシュミール、フィッシュエキス、マグロエキス、カツオエキス、白身魚ミール等)、動物性油脂

次に注目すべきなのが、成分表示の赤色の部分、肉です。

○○ミール・○○エキス・動物性油脂など、あまり聞き慣れない成分です。

牛の肉なら牛肉、鳥の肉なら鶏肉と書けば良いと思いませんか?

ミール・エキスと書かれている成分の中には、食べられる筋肉の部分以外の、骨や内臓・毛など色々なものを含んでいます。

純粋に筋肉だけで構成されていません。

だから、ミールやエキスなど曖昧な表現になります。

動物性油脂に至っては、家畜の死体や交通事故で死んだ犬や猫の死体をレンダリングして、それを脂質として配合しているケースがあります。

猫が食べられないレベルの肉や魚が材料だと、その中に猫が処理仕切れない毒素や悪い成分が含まれる可能性が高いです。

その結果、猫の体が拒否して吐いてしまうのです。

【参考】

 

【参考】

 

ねこ元気の着色料は100%不要

着色料(二酸化チタン、赤色40号、赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号)

最後は、成分表示の青い部分の着色料です。

穀物やミール・パウダー・動物性油脂は、毒素や悪い成分が含まれているとは言え、猫の食べ物として必要な成分も含んでいます。

ですが、着色料は完全に必要ありません。

代表的な着色料である「赤色102号」は、安いジャムや紅しょうが・福神漬けなどに使われています。

人間の食べ物に使ってもOKですが、発がん性があると言われています。

そもそも、キャットフードに色を付ける必要はありません。

赤は肉、緑は野菜など、人間がイメージしやすくするために色をつけているだけで、猫とって100%不要です。

不要な着色料が過度に使われていたら、猫は本能で危険を感じて拒否します。

過剰な化学物質が、猫が吐く原因になることもあるのです。

 

吐いてしまうキャットフードは寿命を縮める

毒素や悪い成分を処理し切れず吐くことを繰り返していると、猫の体にダメージが蓄積され、結果猫の寿命を縮めてしまいます。

愛猫と長く一緒に過ごすために、吐く原因となるキャットフードの切り替えを検討しましょう。

 

ねこ元気とAAFCOの基準を比較してみる

キャットフードには、「最低限これだけの栄養素は含んでおくように」と言う基準があります。

この基準を定めているのが「AAFCO(米国飼料検査官協会」であり、日本国内のキャットフードの基準を定める「ペットフード公正取引協議会」もAAFCOの基準を採用しています。

ただし、ペットフード公正取引協議会には法的に取り締まる権限がありません。

ですので、流通しているキャットフードの中には、基準を守っていないキャットフードもあります。

ここで、ねこ元気とAAFCOの基準を比較してみます。

※私の家に残っていた、「ねこ元気腎臓の健康維持用 15歳が近づく頃から」

AAFCOねこ元気
タンパク質26.00%30.0%
脂肪9.0%10.0%
カルシウム0.6%0.65%
リン0.5%0.60%
カリウム0.6%0.70%
ナトリウム0.2%0.40%
マグネシウム0.04%0.09%

※AAFCOの数字は「最小値」です。

数字を確認すると、ねこ元気はタンパク質や脂肪・ミネラルなど猫に必須の成分はきちんと基準を守っています。

つまり猫が吐く原因は、ねこ元気の成分や栄養の量ではなく、「質」にあることが分かります。

AAFCOの基準の詳細については、下の記事を参照してください。

【参考】

 

粒の大きさや形が合わず猫が吐くことも

ねこ元気を吐いてしまう理由の1つに、粒の大きさや形が猫に合わない可能性が挙げられます。

実はキャットフードの粒が大きいから吐くとは限りません。

粒が小さいことが原因で、吐くこともあります。

老猫の場合は、粒が大きすぎて負担になることが多いですが、例外もあります。

下のブログ記事で、粒の大きさと猫が吐くことの関連について詳しく書いていますので、参考にしてみてください。

【参考】

 

長生きのカギはキャットフード選び

※我が家のみーこです。

ねこ元気を吐いてしまう原因をまとめると、以下のようになります。

・猫が苦手で不要な穀物を大量に使っている

・ミールやパウダー、動物性油脂など質の悪いタンパク質を使っている

・赤色102号など発がん性のある着色料を使っている

若い頃は平気でも、年をとって老猫になって吐き始めたとしたら、猫が体内で毒素を処理しきれずに吐くことで体外に出していると考えるべきです。

つまり、毒素や悪い成分が猫の体に入ってこなければ、猫は吐かなくなります。

穀物の使用を極力抑えて、出処がはっきりした肉や魚の身の部分や筋肉の部分を使っていて、着色料が皆無なキャットフードを選べば、猫は吐かなくなるのです。

私が今飼っている18歳の猫も、以前ねこ元気を食べては吐くことを繰り返していました。

ですが、今はほとんど吐くことがなくなりました。

2017年3月から今日まで約1年間、新しく切り替えたキャットフードを食べる猫の様子を詳しくレビューしています。

体によい食べ物は、健康で長生きに欠かせません。

もし猫が健康で長生きできるキャットフードを探しているなら、レビューを参考にしてキャットフードの切り替えを検討してください。

食事に気をつけて、猫と幸せな時間を過ごしましょう。

コメント