猫が死ぬかもしれない猫風邪の3種類の症状や治療法

猫の健康

猫風邪には、代表的な3種類があります。

複数の風邪に同時にかかったり、体力が落ちて弱ってしまい、他のウイルスや細菌に二次感染してしまうことがあります。

今回は、猫風邪の中でも比較的多い3つの病気について解説します。

 

猫の辛い鼻風邪である猫ウイルス性鼻気管炎

 

猫ウイルス性鼻気管炎の症状

主な症状は、激しいくしゃみ、鼻水、せき、それに結膜炎です。

目やにで顔中がくしゃくしゃになり見るからに苦しそうになります。

重症になりやすく、熱が40度以上出ることも。

子猫やシニア猫は脱水や栄養不足で死に至ることもあります。

 

猫ウイルス性鼻気管炎の治療法

獣医さんの診察を受けていることが大前提です。

炎症を抑える消炎剤や別の細菌やウイルスによる二次感染を予防するために抗生物質を注射します。

ウイルスの増殖を抑えるのは薬では出来なくて、猫自身が持っている免疫力次第なので、免疫力を効率よく機能させるために、インターフェロンを用いることもあります。

 

猫ウイルス性鼻気管炎の原因

猫ヘルペスウイルスに感染することで起こります。

猫ヘルペスウイルス自体は強力ではありませんが、一度感染すると症状が改まっても菌が潜伏して猫に残り続けることがあります。

潜伏状態だと、妊娠中の猫が子宮内感染によって流産したり、子猫にうつったりすることもあります。

 

猫ウイルス性鼻気管炎の予防法

猫ウイルス性鼻気管炎にはワクチンがあるので、ワクチン接種が一番の予防です。

室内飼いにして、他の猫との接触を断つのも効果的です。

 

猫カリシウイルス感染症は痛い口内炎ができる

 

猫カリシウイルス感染症の症状

初期症状は、先の猫ウイルス性鼻気管炎とよく似ています。

症状が進むと、猫の口のまわりに口内炎が出来るのが特徴です。

口内炎が出来ない場合もあります。

関節痛が出ることがあり、体を触ると嫌がります。

呼吸困難や肺炎を併発して、亡くなることもあります。

 

猫カリシウイルス感染症の治療法

猫ウイルス性鼻気管炎と同じで、痛みを抑える消炎剤と抗生物質の投与を行う治療法です。

口の口内炎が酷い場合は、点滴で栄養と水分を補給します。

 

猫カリシウイルス感染症の原因

猫カリシウイルスに感染することが原因です。

しっかり治療しないと、ウイルスが体の中に残ることがあります。

 

猫カリシウイルス感染症の予防法

ワクチンがあるので、予防接種をして病気に対する抗体を持続させることが予防になります。

 

酷い結膜炎が起こるクラミジア感染症

 

クラミジア感染症の症状

クラミジアが目や鼻から侵入して粘膜に炎症が起こり、結膜炎の症状が激しいのが特徴です。

くしゃみ、鼻水、せきも多いです。

呼吸器の炎症が激しいと肺炎になることがあります。

 

クラミジア感染症の治療法

クラミジアに有効な抗生物質があるので、しっかり治療すれば早期回復できます。

完全にクラミジアを退治するまでは、継続して抗生物質を投与する必要があります。

 

クラミジア感染症の原因

「クラミジア」とは、ウイルスと細菌の中間の微生物のことです。

猫のクラミジア感染症は、クラミドフィラフェリスと言う種類のクラミジアによって起こります。

猫のクラミジア症は人間に感染して、人間が結膜炎になることもあります。

 

クラミジア感染症の予防法

数年前までワクチンがなかったのですが、現在は有効なワクチンがあります。

 

おわりに

猫風邪と言っても、場合によっては猫が死に至ることもあります。

何よりも人間のように少し体を休めれば治る風邪とは根本的に違います。

今回紹介した内容が猫に見られた場合は、至急動物病院に連れて行って獣医さんの治療を受けましょう。

そしてもう1つ、猫の健康に欠かせないのが食べ物・キャットフードです。

私は猫の病気予防と長生きのために、キャットフードを変えました。

2017年3月から今日まで約1年間、新しく切り替えたキャットフードを食べる猫の様子を詳しくレビューしています。

体によい食べ物は、健康で長生きに欠かせません。

もし猫が健康で長生きできるキャットフードを探しているなら、レビューを参考にしてキャットフードの切り替えを検討してください。

食事に気をつけて、猫と幸せな時間を過ごしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました