猫風邪になった時の症状と猫の変化を分かりやすくまとめてみた

猫の健康

猫風邪には色んな症状があります。

症状自体は人間と変わらない点が多いので、普段少し違うな…と感じたら、猫をしっかり観察してあげましょう。

猫風邪は命に関わるウイルスの感染症で、猫が死に至ることもあります。

今回紹介する猫風邪の症状が出たら、すみやかに病院に行って獣医さんに見せましょう。

 

猫風邪の症状をチェックしよう

猫風邪は見た目にはっきりと症状が出ます。

・目やに

べたべたした目やにが大量に出て、酷くなると目やにで目が開かなくなることも。

 

・涙

目が赤く充血し、両目から涙が溢れてきます。

目に不快感があると、前足でこすって角膜を傷つけることもあります。

 

・よだれ

口内炎などが出来て、よだれをたくさん垂らします。

口の中の炎症が酷くなると、食欲が落ちて体力減退につながるので特に注意しましょう。

 

・鼻詰まり

鼻詰まりがひどくなると、鼻で呼吸ができないため口で呼吸するように。

ティッシュを鼻先に近づけても揺れなければ、鼻が詰まっている証拠です。

 

・くしゃみ

人間の風邪や鼻炎と同じように、連続でひどいくしゃみを連発します。

多頭飼いや同居猫がいる場合、このくしゃみから他の猫に猫風邪がうつるので、最高レベルで注意しましょう。

 

・食欲が無い、熱がある

熱があると、冷たい場所にお腹を付けるようにして、うずくまります。

重症になると40度以上の熱が出て、全くご飯を食べなくなることもあります。

 

猫風邪のサインを見逃さないで

猫風邪が軽い状態から重症になるまでの症状をまとめてみました。

猫風邪初期

・くしゃみ

・透明な鼻水

・涙が溢れる

・目やにがたくさん出る

・よだれが出る

・せきが出る

・食欲や元気がない

 

猫風邪重症

・熱がある

・膿のような鼻水

・鼻が詰まって口で息をする

・鳴き声がかすれる

 

猫風邪の進行具合で出る順に症状を書き出しました。

猫風邪かな?と思ったら参考にしてみてくださいね。

 

おわりに

猫風邪の諸症状は人間の風邪と非常によく似ています。

くしゃみ・鼻水・鼻詰まり・せきなど症状は同じです。

また、目やにや涙が流れるなど、目の粘膜に影響が出ます。

重症になると明らかに元気がなくなり、発熱や膿のような鼻水が出るなど、深刻な状態になり治りも遅くなります。

猫風邪の不快感は人間以上なのです。

例えば、鼻水が出た時に人間ならティッシュで鼻をかめますが、猫は何も出来ません。

結構辛くないですか?鼻をティッシュでかめないの?

猫風邪の症状を見逃さずに、初期段階で気づいてあげることができれば、あなたの大切な愛猫に辛くしんどい思いをさせずに済みます。

治療も早く終わるので、結果的に猫の体や気持ちの負担を軽くできます。

猫風邪の症状にいち早く気づけるように、猫の体調チェックを日課にしましょう。

そしてもう1つ、猫の健康に欠かせないのが食べ物・キャットフードです。

私は猫の病気予防と長生きのために、キャットフードを変えました。

2017年3月から今日まで約1年間、新しく切り替えたキャットフードを食べる猫の様子を詳しくレビューしています。

体によい食べ物は、健康で長生きに欠かせません。

もしあなたが猫が健康で長生きできるキャットフードを探しているなら、レビューを参考にしてキャットフードの切り替えを検討してください。

食事に気をつけて、猫と幸せな時間を過ごしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました