猫風邪は甘く見ると猫が死んでしまう危険な伝染病

猫の健康

猫風邪って聞いたことありますか?

私、実は少し前に初めて知りました。

人間の風邪だと、年に数回感染するのが当たり前の大した事ない体調不良ですが、猫の場合は命に関わることもあります。

甘く見ていると大変な猫が大変な状態になる「猫風邪」について、今回は書いてみます。

 

猫風邪と人間の風邪は全く別物

猫風邪は症状は人間の風邪と非常に似ていて、くしゃみをしたり鼻水が出たりします。

症状が似ているので勘違いしがちですが、猫風邪が人にうつることはありません。

逆に、人から猫に風邪がうつることもありません。

 

猫風邪はウイルスなどで感染する伝染病

猫風邪は大きくわけて下の3つの種類があります。

・ウイルスによって感染する「猫ウイルス性鼻気管炎」

・ウイルスによって感染する「猫カリシウイルス感染症」

・クラミジアの病原体から感染する「クラミジア感染症」

感染ルートとしては、

・猫風邪をひいている猫と舐め合うなど、直接接触すること

・感染した猫がくしゃみやせきをした時に空気中に飛び散った鼻水や唾液、涙や目やになどに触れることで感染

こういった流れが挙げられます。

症状が悪化すると命に関わる恐ろしい病気なので、甘く見ないようにしましょう。

猫風邪のウイルス自体は1年中活動しています。

人間の風邪と同じで、冬の乾燥した時期に活発に動きます。

猫も乾燥で粘膜や抵抗力が落ちているので感染しやすくなります。

人間同様、冬は猫風邪にかかりやすいので注意しましょう。

 

猫風邪は放置で治らないのですぐに病院へ

人間の風邪は、人間の判断で病院へ行ったり薬を飲んで休んでいれば治りますが、猫は単独で風邪の対策が立てられません。

ですから飼い主さんが気がついて病院に連れていくことが重要です。

若くて健康な猫なら、自然に症状が軽くなることがありますが、辛いのをひたすら我慢することになります。

普通に健康な猫でも時分で治すためには相当我慢するくらいですから、子猫やシニア猫では耐えられず死んでしまうことがあります。

猫風邪は絶対に甘く見ないで、獣医さんに診せてきちんと治療しましょう。

 

おわりに

猫風邪は最初に書いた通り、人間から猫・猫から人間にうつることはありません。

ただし「クラミジア感染症」は、ウイルスではないクラミジアと言う「病原体」が原因なので、人にうつる可能性がゼロではありません。

猫風邪をたかが風邪だと甘く見ないで、猫におかしいと思う症状が出たら、とにかく早く病院へ連れて行ってあげましょう。

 

そしてもう1つ、猫の健康に欠かせないのが食べ物・キャットフードです。

私は猫の病気予防と長生きのために、キャットフードを変えました。

2017年3月から今日まで約1年間、新しく切り替えたキャットフードを食べる猫の様子を詳しくレビューしています。

体によい食べ物は、健康で長生きに欠かせません。

もしあなたが猫が健康で長生きできるキャットフードを探しているなら、レビューを参考にしてキャットフードの切り替えを検討してください。

食事に気をつけて、猫と幸せな時間を過ごしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました