私が実践している猫のおしっこのチェック

猫の健康

私は毎日欠かさず、うんちと一緒におしっこのチェックを欠かしません。

毎日おしっこをチェックすることで、猫の健康状態を毎日確認できます。

今回は猫のおしっこをチェックする時に、おしっこのどんな部分を確認しているか紹介します。

 

猫の下部尿路疾患のサインとは

・おしっこが赤い

尿に血液が混じった血尿の可能性あります。

私は白いペットシーツを使っていて、チェックしやすいようにしています。

 

・おなかを触ると嫌がる

膀胱におしっこが溜まって膨れ上がり、触られると痛いです。

尿道に結石が溜まって膨らんで痛い場合もあります。

 

・おしっこにキラキラしたものが混じる

結石がおしっこに混じって出てくると、猫砂に混ざってキラキラとした砂のようなものを確認できます。

 

・おしっこがくさい

おしっこがいつもより臭いと感じたら要注意です。

膀胱に細菌が繁殖する細菌性の膀胱炎になると、おしっこの臭いがきつくなります。

 

・トイレにいる時間が長い

膀胱炎や尿結石でおしっこが中々出ないと、猫がいきむことになり、結果トイレから出てきません。

 

・おしっこが出ない

トイレに行ってもおしっこが全く出ない場合は、結石による尿道閉塞の可能性が高いです。

直ちに病院へ連れて行ってください。

丸1日出ない場合も危険です。

 

・おしっこの時に鳴く

おしっこの時に痛みを感じて鳴いている可能性があります。

結石による傷か、膀胱炎による炎症の痛みです。

 

・トイレ以外でおしっこする

決められた場所以外のあちこちで粗相する場合は、膀胱炎で排尿のコントロールが出来なくなっているかもしれません。

 

・お腹や尿道口をよくなめる

お腹や尿道口に痛みや違和感がある、または膀胱炎の炎症部分からの分泌物や結石が尿道口から出ているなどが原因で、なめている可能性があります。

 

・頻繁におしっこに行って、少しずつおしっこする

尿結石や膀胱炎を発症し、おしっこが中々出ないため、頑張って絞り出している可能性があります。

猫の慢性腎不全のサインとは

【腎不全初期】

・一度におしっこする量が増えた

腎機能が衰えると、体内の老廃物を出そうとしてたくさんおしっこをします。

水のようにサラサラしているおしっこが出ます。

 

・水を飲む回数が増えた

おしっこを濃縮する能力が低下しているため、多くの水が必要になり、たくさん水を飲むようになります。

繰り返し水を飲んで頻繁におしっこをしているようだと注意が必要です。

 

・一度に飲む水の量が増えた

チェックのためには普段どれくらい水を飲んでいるか把握していることが大切です。

たくさん水を飲むようになって良かったと安心してしまう飼い主さんも多いとか。

 

・おしっこの色が薄くなった

健康な猫のおしっこが濃い黄色をしています。

尿の中の老廃物が少なくなると、おしっこの色がうすくなります。

 

・おしっこのにおいがしなくなった

猫のおしっこは濃度が高いのでにおいがきついです。

腎不全が進むとおしっこの濃度が薄くなり、においがあまりしなくなります。

 

【腎不全中期】

・吐く

腎機能の衰えが進むと、腎臓で老廃物をろ過できなくなります。

すると体内に老廃物や毒素が蓄積され、様々な弊害が起こるようになります。

嘔吐もその症状の1つです。

 

・舌やまぶたの色が白い

慢性腎不全が進むと、造血ホルモン量が減って、骨髄からの赤血球生産量が減ります。

すると貧血状態になり、舌やまぶたが白っぽくなります。

 

・体重が減った

体重の現象は慢性腎不全がかなり進んだ危険な状態です。

筋肉が落ちて同時に食欲不振や脱水が見られるので、よりいっそう体重減少に拍車がかかり体力が激しく低下します。

 

【腎不全末期】

ぐったりして元気がない

慢性腎不全の症状が進むと、体に溜まった老廃物や毒素、貧血のせいで体に様々な悪影響が出ます。ぐったりとして元気がない場合は、最期の時を覚悟してください。

 

おわりに

今回は、おしっこや猫の様子のチェックすべきポイントを紹介しました。

これだけでも毎日しっかりチェックしていれば、猫の異常にいち早く気づいて、適切に対処できます。

獣医さんに見せるタイミングが早まるだけで、猫の負担は減りますし猫と一緒にいられる時間も伸びます。

猫の異常にすぐ気づいてあげてください。

そしてもう1つ、猫の健康に欠かせないのが食べ物・キャットフードです。

私は猫の病気予防と長生きのために、キャットフードを変えました。

2017年3月から今日まで約1年間、新しく切り替えたキャットフードを食べる猫の様子を詳しくレビューしています。

体によい食べ物は、健康で長生きに欠かせません。

もしあなたが猫が健康で長生きできるキャットフードを探しているなら、レビューを参考にしてキャットフードの切り替えを検討してください。

食事に気をつけて、猫と幸せな時間を過ごしましょう。

コメント