キャットフードの人工的な酸化防止剤の種類と猫に与える悪影響

キャットフード

安全なキャットフードの選ぶときに、「酸化防止剤」の使用の有無に注意される方が少なくありません。

しかし、まず正しく認識しないといけないのは、酸化防止剤を使わないとほとんどのキャットフードは危険で食べられないものになるということです。

どんなに質の高いキャットフードでも、必ず油脂分が含まれています。

油脂は空気に触れるとすぐに酸化が始まり劣化してしまいます。

キャットフードの酸化や劣化を防ぐために、酸化防止剤が使われます。

酸化防止剤は人工のものと天然のものがあり、猫の体に有害と言われているのが人工の酸化防止剤です。

ビタミンCやビタミンEを使ったものが、天然の酸化防止剤です。

最近のキャットフードは天然の酸化防止剤が多く使われるようになりましたが、今でも危険な人工の酸化防止剤が使われているケースもあります。

今回はキャットフードの「酸化防止剤」にスポットを当てて詳しくブログを書いていきますね。

 

キャットフードの酸化防止剤とは?

キャットフードの中でも、ドライフードつまりカリカリには必ず酸化防止剤が使われていて、ドライフードの劣化を防いでくれています。

 

酸化防止剤の役割

ドライフードは必ず油脂分が使われます。

油脂と言うのは、肉の脂のことです。

猫に必要な脂肪分は油脂から摂り入れます。

肉から抽出された油脂は、原料の段階で酸化防止をほどこします。

さらに加熱処理して出来上がったキャットフードにも、熱によって消失した酸化防止の機能を補うために、再度酸化をほどこします。

ドライタイプのキャットフードにはこの2回目の酸化防止剤としてBHABHTと言った化学物質が長期間に渡って使用されてきました。

現在では有害なBHAやBHTと言った化学物質に変わって、ビタミンCやビタミンEなど天然の酸化防止剤を使う場合が多くなってきています。

 

人工の酸化防止剤が与える影響

BHAやBHTに代表される有害な人工の酸化防止剤をピックアップし、その毒性をまとめてみました。

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)
用途酸化防止剤
毒性発がん性。環境ホルモンの疑いあり。
BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)
用途酸化防止剤
毒性発がん性、変異原性、催奇形性
エトキシキン
用途酸化防止剤、ビタミン・ミネラルの安定化
毒性発がん性、アレルギー性皮膚炎や目と皮膚に炎症を起こす。
プロピレングリコール
用途保存料、湿潤剤、甘味料
毒性硬い便をする、腸の障害を起こすなど。急性の毒性は無い。
ソルビン酸
用途防腐剤、保存料
毒性(亜硫酸と結びつくと)発がん性、成長抑制、肝臓・腎臓・精巣の重量減など。

※環境ホルモン→体内の正常なホルモンの働きを壊す。

※変異原性→科学物質がDNAや染色体に損傷を与える。

※催奇形性→胎児に奇形が発生する。

 

人工の酸化防止剤が使われる流れ

キャットフードを製造する上で外せないのが、レンダリングされた肉です。

レンダリングとは、死んだ家畜や動物を溶かして油脂分を抽出することです。

一般的な市販のキャットフードは値段を抑えるために、ほぼレンダリング業者が作る油脂分を使っています。

そうしないと2キロで1000円程度のキャットフードが製造出来ないからです。

【参考】

 

人間が食べる食用の鶏肉や牛肉ではなく、放置された死骸から油脂を作りますから、品質が極めて低いのは言うまでもありません。

品質が低いですから、すぐに腐って食べられなくなります。

そこで強力で安い人工の酸化防止剤を使います。

キャットフードの主原料である肉さえも安価で調達するわけですから、酸化防止剤も極力安いものを使います。

BHAやBHTは安価で強力な酸化防止剤の代表です。

このように、質の低い材料を保存するために人工の酸化防止剤を使わざるを得ないわけです。

【参考】

 

酸化防止剤とキャットフード販売店

「猫の体に明らかに悪いのだから、人工の酸化防止剤など使わないで欲しい。」

猫好きのあなたなら、きっと強く願うでしょう。

しかし、キャットフードを売る側と買う側双方の事情があります。

メーカーが作ったキャットフードは、ホームセンターやペットショップなどお店に並びます。

お店側の言い分は、最低でも仕入れて1年保つキャットフードでないと、お店に並べられない、と言うことです。

消費期限が短いと頻繁にセールの対象になってしまいます。

また、買う側の猫の飼い主さんは、出来るだけ日持ちのするキャットフードを選びたいはずなので、売る側のお店も長期保存出来るキャットフードを棚に並べなければなりません。

このような背景から、人工の酸化防止剤を使わないといけない状況になっています。

ですから、猫の健康を気にする飼い主さんは、人工の有害な酸化防止剤が使われていないか、自力でチェックする必要があるのです。

 

有害な酸化防止剤が使われている例

ロイヤルカナン

有名なロイヤルカナンにBHAなどの人工の酸化防止剤が使われているのは意外でした。

ただし猫の健康に直ちに影響する量ではありません。

調整にはかなり気を使っています。

肉類(鶏、七面鳥)、とうもろこし、植物性分離タンパク*、動物性脂肪、コーングルテン、米、小麦、植物性繊維、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、小麦粉、チコリパルプ、魚油(オメガ3系不飽和脂肪酸源)、大豆油(オメガ6系不飽和脂肪酸源)、酵母および酵母エキス、フラクトオリゴ糖、ルリチシャ油、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、L-リジン、タウリン、L-カルニチン)、ゼオライト、ミネラル類(Cl、Ca、K、Na、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、イノシトール、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B2、B1、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

 

アイムス(IAMS)

同じく有名なアイムス(IAMS)も意外です。

ただしアイムス(IAMS)は、酸化防止剤以外にも、トウモロコシ・ミール・ビートパルプなど猫に良くない成分が多いです。

肉類(チキンミール、チキンエキス、家禽ミール)、とうもろこし、植物性タンパク、大麦、油脂類(鶏脂)、家禽類、食物繊維(ビートパルプ、オリゴ糖)、ユッカ、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、クロライド、鉄、銅、ナトリウム、ヨウ素、リン)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸、BHA、BHT

 

カルカン

カルカンシリーズは正直個人的にオススメ出来ません。

昨年亡くなったトラは、生前カルカンが全く合わず頻繁に吐いていました。

動物性油脂・ミール・トウモロコシ・ビートパルプ・エキスなど、避けるべき成分が多すぎるので、CMで有名なカルカンですが、猫に食べさせない方が良いです。

穀類(とうもろこし、米、小麦等)、肉類(チキンミール、チキンエキス等)、油脂類(パーム油、大豆油等)、大豆、植物性タンパク、魚介類(かつおエキス、フィッシュエキス等)、食物繊維(ビートパルプ、オリゴ糖)、家禽類、野菜類(ほうれん草、にんじん等)、ミルクパウダー、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、カルシウム、クロライド、セレン、鉄、銅、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、リン)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(クエン酸、BHA、BHT)、着色料(赤102、青2、黄4、黄5)、pH調整剤、保存料(ソルビン酸K)

 

ビタミンCやビタミンEは天然の酸化防止剤

ここまで、人工の酸化防止剤について書いてきましたが、今現在では天然の酸化防止剤が使われているケースの方が多くなってきています。

天然の酸化防止剤としては、最初に書いたとおりビタミンCやビタミンEが挙げられます。

キャットフードに含まれるビタミンCやビタミンEは、ビタミン摂取のためではありません。

ビタミンを栄養として体に取り込むためには、ビタミン単体で摂取する必要があります。

反面、他の物質と結びつくことで酸化防止剤の役割を果たします。

キャットフードの成分表示によく書かれている「ミックストコフェロール」は、ビタミンEを合成した酸化防止剤のことです。

油脂を含んだキャットフードは、まずビタミンCで油脂の酸化を防ぎます。

しかしビタミンCも空気に触れると酸化するため、それを防止するためにビタミンEを同時に添加します。

こうした使い方が、ビタミンを酸化防止剤として最大の効力を発揮します。

天然の酸化防止剤は発がん性物質が含まれておらず、体に有害な成分が入っていないのがメリットですが、一方で保存期間は短くなるのがデメリットです。

 

おわりに

・BHA(ブチルヒドロキシアニソール)

・BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)

この2つが入っているキャットフードは、今後避けた方が無難です。

やはり、発がん性物質を含んでいることはリスクが高いです。

・レンダリング処理された肉

・動物性油脂

これらに加えて人工の酸化防止剤が入っているキャットフードは、危険で猫が食べられないと判断すべきです。

一方、プレミアムキャットフードと呼ばれるキャットフードの成分は驚くほどシンプルです。

質の高いプレミアムキャットフードは、高い品質を維持するために人工的な酸化防止剤を使わない代わりに、傷みが速いと言うデメリットがあります。

しかし、猫の健康を本気で考えるなら、プレミアムキャットフードを選択することはベストな選択です。

ただし、値段が高い上に保存期間が短いので、プレミアムキャットフードに切り替える場合は、それなりに本気で健闘しないと無駄になってしまいます。

市販のキャットフードだと、未開封で数年は保ちますが、プレミアムキャットフードは1年保ちません。

私は18歳のシニア猫とのこれからの人生を本気で考えました。

そして必ず来るであろう別れの時に、絶対に後悔しないように、まず日々の食べ物を完全に切り替えました。

プレミアムキャットフードに切り替えたのです。

食事を変えて1年経って、年をとってますます元気で毛艶も良くなってきました。

2017年3月から今日まで約1年間、切り替えたプレミアムキャットフードを食べる猫の様子を詳しくレビューしています。

もしあなたの猫のご飯に悩んでいたら、レビューを参考にしてキャットフードの切り替えを検討してください。

食事に気をつけて、猫と幸せな時間を過ごしましょう。

 

コメント